【完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Redmi Buds 3 Pro レビュー】サウンドバランスがよく、優秀なマルチポイントと比較的強力なANCが魅力。しかし、ドライバーの品質が良くないのか、解像度が少しもの足りず、歪みやすい

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro5000円~10000円
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにXiaomiから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの概要

こんな人におすすめ

  1. スタジオチューニングが好き
  2. バランスの良い音が好き
  3. 普段小さめの音量で聞いている
  4. ANCやヒアスルーが欲しい
  5. マルチポイント対応機種が欲しい
  6. 装着感重視

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:6h/35h
  • 防水性能:IPX4
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:201-210223
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-sound スコア
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:9.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:9.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:9.0/10.0
  • アクティブノイズキャンセリング:6.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

長所

  • 良質なスタジオチューニング
  • みずみずしい中域
  • 自然な質感
  • 透明度が高い
  • マイルドな高域
  • 自然な倍音
  • 原音忠実度が比較的高い
  • マルチポイント
  • 悪くないANC

短所

  • やや薄い低域
  • 緩いエッジ感
  • 高域の拡張性の不足
  • 解像度が物足りない
  • 歪みやすい
  • イヤホンでコントロールできる機能が少ない

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの特徴

  • 35dB のアクティブノイズキャンセリング
  • 急速充電:10分間の充電で3時間再生可能
  • デュアルデバイス同時接続:マルチポイントで複数のシステム対応可能
  • ワイヤレス充電:置くだけで充電開始

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Audiosense TX15

Audiosense TX15は低域が強調され、中域が引っ込むV字型サウンドを持っています。

Tingker TK160

TIngker TK160は深みのある低域と明るく聞こえる耳当たりの良い朗らかな中域が魅力のリスニングイヤホンです。

パッケージ(8.0)

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Proのパッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。

  • Xiaomi Redmi Buds 3 Pro本体
  • 専用充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーピース
  • マニュアル
【開封動画】Redmi Buds 3 Pro(Redmi Airdots 3 Pro)

ビルドクオリティ(8.0)

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

ビルドクオリティは価格を考えると、標準的か少し良いレベルです。

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

装着感(9.5)

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

装着感は良好です。小さな耳でもしっかり収まります。

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではかなり優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟むと一瞬途切れますが、その後は途切れませんでした。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

電源ON充電ケースの蓋を開ける
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納し、蓋を閉じる
ペアリングイヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
曲再生/停止多機能ボタンを2回タップ
曲送り多機能ボタンを3回タップ
通話応答多機能ボタンを2回タップ
通話終了多機能ボタンを3回タップ
通話拒否多機能ボタンを3回タップ
ノーマル/ANC/ヒアスルーモード切替 多機能ボタンを長押し

アクティブノイズキャンセリング性能

詳細は有料記事に譲りますが、Xiaomi Redmi Buds 3 ProのANC性能は価格帯では標準より少し優秀です。

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

周波数特性(RAW)

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro Frequency Response (RAW)
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro Frequency Response (RAW)
重なっているが、青がヒアスルー、黄色がANC

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータスなど

測定値は有料記事をご覧下さい。より詳しい情報が参照できます。

オーディオステータス

Xiaomi Redmi Buds 3 Proのオーディオステータス
Xiaomi Redmi Buds 3 Proのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

音質解説

Redmi Buds 3 ProSonarworksターゲットに準拠したスタジオチューニング系ニュートラルサウンド非常にバランスの良い中域がきれいに聞こえる音を聴かせます。

なお、上で示したカプラー測定値では、ANCモードとアンビエントモードで周波数特性が変わらないように思えるかもしれませんが、HATSの測定値では変化しているので、実際はANC時に耳介の影響を受けるようです。興味のある方は有料記事をご覧ください。

以下のレビューはFiiO M15にSBCでつないでANCモードにし、標準イヤーチップ Lサイズでテストしています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

低域(9.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B-
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B-

低域

低域は非常に直線的でレイヤリングがよく、モニター的です。ただし量的には不足があるので、やや存在感に劣る傾向があります。

ベースの黒みが薄く、ドラムキックももう少し重さとインパクトが欲しいところで、個人的にはあまり面白みを感じません。若干薄味なので中域を邪魔することがないところが好ましいという人もいるでしょう。

中域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:A-
  • 存在感:B

中域

中域は前面に出てくる傾向があり、非常にニュートラルに近く、透明度が高く聞こえます。

スタジオチューニング特有の中域がはっきりする硬い明瞭感がありますが、輪郭感はスタジオチューニングの正道より柔らかく、エレキギターエッジが少し丸く、若干もやもやして聞こえます。それでもほとんど自然で気になるところがないですね。

ボーカルもかなり自然ですが、高域の伸びが悪いので、少し息感が悪く、溌剌さに欠ける傾向があります。とはいえ、非常にみずみずしくきれいな中域です。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:C

高域

高域はなめらかで自然にロールオフしていますが、存在感が弱く、輝度が少し足りていないため、鮮明感が悪く聞こえるのがネックです。

ハイハットを聴けば精細に欠け、広がり感が弱く、少し薄味で生き生きとしていないのがすぐに分かります。ただし、これは中域をよく聞かせるため(ついでに言えば歯擦音付近の印象バランスをクロスフィードするトランジェントの少し緩いスピーカーに近づけるため)で、スタジオチューニングとしては正統派の調整です。

高域のバランスは、高域に敏感な人には快適な水準ですが、高域の聴力が衰えている年配の人には全体の音が少し曇るくらい弱いと思われます。かなりなめらかでピークディップがないので、不足を感じるときは多くの場合イコライザーで単純に持ち上げるだけでよく、調整は簡単でしょう。

定位/質感

  • 質感の正確性:S
  • 定位の正確性:C
  • オーケストラのテクスチャ:B
  • 雅楽のテクスチャ:A+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

まずいちばん重要なことですが、どうもRedmiBuds 3 Proは欧州基準(CENELEC規格 EN50332-2)に合わせてあるのか音量制限があるらしく、複数の機器でテストしましたが、送信側で高い音圧を入れてもピンクノイズで100dB未満くらいで頭打ちになります。そこからはボリュームをあげても音圧が上がりません。したがって、フルオーケストラを楽しむのに十分な音圧感を出しづらいところがあります。

また後述するように適正音量より音量を上げるとすぐに歪が大きくなりやすく、普段音量大きめに聞く人はとくにフルオーケストラの鑑賞に向きません。質感は非常に正確なので、もったいないと思うところです。表現は中域中心でダイナミズムに欠けて聞こえるので、音圧の不足もあって、満足なスケール感を出すことが難しそうですね。

雅楽は高域の伸びが少しおとなしいため、抜けが悪く、わずかに和音に甲高さを感じるものの、雰囲気はかなり良いですね。低域が少し浅く深みに欠ける印象があり、全体はやや軽やかです。

音場/クリア感

  • 音場:B
  • クリア感:B+
  • イメージング:B
    • 高域:B-
    • 中域:B+
    • 低域:B-

音場

中域が近く聞こえるスタジオチューニングらしい音場感です。深さと高さはやや物足りないですね。

クリア感は悪くないように思えますが、実際は音量を上げると歪みやすい欠点があります。音量を大きめで聞く人にとってはもうちょっとクリア感は落ちます。

解像度は平凡か少し物足りません。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:A-
  • 個人的な好み:B+
音質総評

私は個人的にSonarworksターゲットを好んでいるので、Redmi Buds 3 Proのサウンドバランスは大変素晴らしく思えるのですが、技術的パフォーマンスで劣るため、最終的にはこれで音楽を聞こうとはあまり思いません。解像度が低く、適正音量以上で歪が出やすいため、音質の全体印象は価格なりか少し物足りないくらいに聞こえてしまいがちです。惜しいですね。

音質的な特徴

美点

  • 良質なスタジオチューニング
  • みずみずしい中域
  • 自然な質感
  • 透明度が高い
  • マイルドな高域
  • 自然な倍音
  • 原音忠実度が比較的高い

欠点

  • やや薄い低域
  • 緩いエッジ感
  • 高域の拡張性の不足
  • 解像度が物足りない
  • 歪みやすい

良質なスタジオチューニング
自然な質感と倍音
透明度が高い

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
UniqueMelody Maverick Ti

10万円以上という条件で選ぶなら、UniqueMelody Marverick Tiはその外観のビルドクオリティとサウンドは価格の水準を満たしているので、概ねおすすめしやすい機種であると思われます。

UGREEN HiTune T3

低価格で重厚かつパワフルなサウンドを楽しみたい場合、UGREEN HiTune T3は比較的おすすめしやすい製品です。

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはSBCで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Redmi Buds 3 Pro

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Redmi Buds 3 Pro

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Redmi Buds 3 Pro

海外レビュー

Xiaomi Redmi Buds 3 Proの海外での評価については以下の記事で紹介しています。

Xiaomiのサブブランド「Redmi」の完全ワイヤレスイヤホン「Redmi Buds 3 Pro」の海外レビューをまとめて紹介します。

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

総評

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro良質なスタジオチューニングサウンドを持ち、中域をしっかり聞かせるバランスの良い機種です。サウンドバランスは価格の水準を超えており、ニュートラルサウンドを好み、自然な質感を愛するオーディオマニア向きの音ですが、総合的な解像度は価格の水準に届いていません。中域はきれいに聞こえるものの、鮮明感や低域の存在感は、多くの人にとって少し物足りないでしょう。また音圧感に限界があるため、普段大音量で音楽を聞いている人には向きません。

Redmi Bads 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Tribit Flybuds C1は全体的な音質のバランスと原音忠実性が高く、長時間再生と快適な装着感を実現した、ランニング愛好者や通勤生活者に最適の完全ワイヤレスイヤホンです。使い勝手が良く、かなりおすすめできる機種です。

【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている

B&O E8 Sportはすっきりとした見通しの良い音場を持ち、モニター的なディテール重視のサウンドを聴かせてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。印象的な解像感が高く、空間は澄み切っていて、音楽を細やかに楽しむことができます。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
previous arrow
next arrow

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro

Xiaomi Redmi Buds 3 Pro
8.7

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

9.5/10

高域

8.5/10

中域

10.0/10

低域

9.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

通信品質

9.0/10

アクティブノイズキャンセリング

6.5/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • 良質なスタジオチューニング
  • みずみずしい中域
  • 自然な質感
  • 透明度が高い
  • マイルドな高域
  • 自然な倍音
  • 原音忠実度が比較的高い
  • マルチポイント

短所

  • やや薄い低域
  • 緩いエッジ感
  • 高域の拡張性の不足
  • 解像度が物足りない
  • 歪みやすい

コメント