【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M1

【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M1 5000円~10000円
MUSE HiFi M1

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

  • 元記事の公開日:2022/08/29
  • 著者:Andy.EF

  • DAC Chip: Realtek ALC5686
  • PCM 32bit – 384kHz, DNR: -110db, Power: 1 Vrms, USB Type-C Male, 3.5mm SE, Metal Chassis, Cable-Less

プロローグ

  • 私は測定を行わず、自分の耳で聞いたことを自分の視点から説明するだけです。
  • EQも使いません。
  • 結局のところ、私のレビューは純粋に主観的で、私の個人的な音の好みに偏っています。
MUSE HiFi M1
MUSE HiFi M1

この製品の要点

  1. バランスの取れたニュートラルでナチュラルな音色、マイルドな躍動感
  2. ポータブル用途では十分な駆動力
  3. コンパクト
最新の5000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている Read more

【HiFiGOレビュー】Moondrop KATOについてのレビューまとめ

これらのレビューを見るだけでも、Moondrop Katoが本当にかなり面白そうだということがわかります。このペアは、美しく構築され、本当にまともなサウンドチューニングを持っており、豪華な品質のアクセ Read more

使用機材

  • Xiaomi Mi 9T (USB 2.0 Port)
  • Sony Xperia X Compact (USB 2.0 Port)
  • Windows 10 with Native USB Drivers
  • HiBy Audio Player USB Exclusive Mode with FLAC files
  • Kinera Idun Golden (Triple BA)
  • FOSTEX T40RP MK3
  • Etymotic ER4SR (Single BA)
  • VE Monk GO SPC
  • LETSHUOER D13
  • LETSHUOER Z12

長所

  • バランスの取れたニュートラルでナチュラルな音色、マイルドな躍動感
  • コヒーレントなダイナミクス、フルボディーでスムーズな表現力
  • ニュアンス豊かなミクロとマクロのディテール、優れた透明感
  • 詳細なテクスチャーと明瞭度を持つバランスの取れた中音域、自然なトーンの男性/女性ボーカル
  • きらびやかな高音域と滑らかな減衰、伸びやかさ
  • 滑らかでインパクトのある中低音、タイトでスピード感のある音、鮮明なディケイ
  • 自然な減衰をするサブベース。
  • 鮮明で生き生きとしたギター、ピアノ、パーカッション(チャイム、ベル)、ドラム、タップ。
  • シャープで正確な配置/レイヤーによるホログラフィックな空間イメージ
  • 複雑なパッセージやトランジェントに対する優れたスピードとデクセリティ
  • 静かな背景音、フロアノイズのない音
  • きれいなレイヤーと明確なセパレーションライン
  • 磁気プレーナーやBAを80/100の音量で駆動し、優れた忠実度を実現します。
  • 様々なタイプのIEM/HPとの優れた相乗効果
  • Lo-Fi や低品質なソースに寛容
  • ホストの電池消耗が少ない
  • 熱くなりにくい
  • ケーブルのないコンパクトなフォームファクター(実に素晴らしい)

短所

  • 100Ω以下で最大、感度90dbを下回らない忠実度の高い駆動力。
  • ボリュームアジャスターなし
MUSE HiFi M1
MUSE HiFi M1

 

まとめ

MUSE HiFi M1は、カジュアルなオーディオの嗜好を満たすことができる、もう一つの素晴らしい小型DAC/アンプです。Realtek ALC5686の使用は正しい選択であることが証明されました。M1は、私が個人的に好きなAvaniとJCally JM04Proを思い出させます。どちらも、M1と同じチップを搭載している機種です。

M1はパワーハウスといえるほど強力な機種ではありませんが、Fostex T40RP MK3の頑強な平面駆動型ヘッドホン(HiBy Music AppのUSB Exclusiveモードで動作、Android SRCはバイパス)とペアリングするには十分なパワーを持っていることが証明されました。もちろん、より強力なドングルと組み合わせたときのような、全体的な質感と深みのある音にはなりませんが、出力は満足のいくものでした。しかし、それ以上に重要なのは、M1は90/100のボリュームを最大まで上げても、音割れや歪みを起こさないことです。

MUSE HiFi M1
MUSE HiFi M1

Kinera Idun GoldenやLETSHUOER D13のような電力効率の良いパートナーと賢明に組み合わせれば、M1は外出先でのリスニングに十分なクオリティを発揮してくれるでしょう。ダイナミクスは生き生きとしていながら有機的にニュートラルで、決して不快な金属音やピンナ・グレアを出そうとはしません。明るい音を好む人にとっては、M1は控えめな音なのかもしれませんが、私にとっては有機的であることがより好ましいことで、この理由から私はM1を素晴らしいユニットと見なしています。解像度は「暖かい」表現に影響されず、透明度は超小型DAC/アンプに期待できるほど良好です。

最後になりますが、M1の最も魅力的な特徴は、高級感と配慮を感じる超コンパクトな造形です。多くのドングルはケーブルがぶら下がっていますが、M1は3.5mmのSEポートを直接提供するというフォームファクターで、非常に使いやすいことが証明されました。

MUSE HiFi M1は、超小型DAC/アンプというセグメントにおいて、機能と音質に対して素晴らしい価値を提供します。このセグメントでM1に匹敵するものはそう多くはないでしょう。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました