【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless レビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる

beyerdynamic Amiron Wireless50000円~100000円
beyerdynamic Amiron Wireless

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

beyerdynamic Amiron Wirelessの概要

こんな人におすすめ

  • ウォームなサウンドが好き
  • 充実感重視
  • beyerdynamicファン

基本スペック

  • 連続再生時間:30h
  • 防水性能:なし
  • 対応コーデック:aptX HD/aptX/AAC/SBC
  • 価格帯:50000円~100000円

audio-sound スコア
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:6.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:8.5/10.0

長所と短所

長所

  • 奥行き感のある音場
  • 鮮明感が高い
  • 包まれ感がある
  • 高い充実感
  • ウォームで聴き心地が良い
  • ブーミーで力強い

短所

  • 正確でない質感表現
  • キレが悪い
  • 大幅に浅く、広がりで劣る低域
  • 高域の拡張性に劣る
  • 破綻した定位

beyerdynamic Amiron Wirelessの特徴

Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless

自宅でもケーブルに縛られない、贅沢な解放感。

『Amiron Wireless JP』は、beyerdynamic社が快適なホームリスニングを追求した2016年発売のAMIRON HOMEをベースに開発されており、柔らかな装着感と独自開発のテスラテクノロジーによる明瞭かつ豊かなサウンドを継承したBluetooth®対応密閉型オーバーイヤーヘッドホンです。

Amiron wireless - High-End Bluetooth®-Kopfhörer mit Klang-Personalisierung
beyerdynamic Amiron Wireless

 

パッケージ(8.0)

beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless

パッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

  • ヘッドホン本体
  • AUXケーブル
  • キャリングケース
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless

ビルドクオリティ(8.5)

beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless

装着感は比較的快適です。重さも気にならないですし、耳付近の空間がわりと広く取られているので、密閉型ですが、すぐ蒸れるという感じではありません。

beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless

装着感(8.5)

Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless

イヤーマフは適度な厚みがあり、装着感はかなり快適です。耳当たりもよいですね。

Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless

接続品質

aptX HDでCayin N6II/E02と接続してテストしました。接続品質はそこそこ優秀です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟むと一瞬音が途切れますが、少し待てば接続が復旧します。ただしこの状態だと時々音飛びがあります。

ホワイトノイズは少しあるかもしれませんが、ほとんど気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

電源ON本体の電源ボタンを長押しします
電源OFF本体の電源ボタンを長押しします
ペアリング電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
曲再生タッチパネルを2回タップ
再生停止タッチパネルを2回タップ
曲送りタッチパネルを手前にスワイプ
曲戻しタッチパネルを後方にスワイプ
音量+タッチパネルを上にスワイプ
音量-タッチパネルを下にスワイプ
通話応答/終了タッチパネルを2回タップ
通話拒否タッチパネルを2秒長押し
音声アシスタント起動タッチパネルを2秒長押し

アプリ

beyerdynamic Amiron WirelessはMIYアプリに対応しており、音質などを調整できますが、自由度は高くありません。サウンドパーソナライズは多少の効果があるので設定した方が良いかもしれません。イコライザーはわかりにくいところにあります。デフォルトのOriginal含め6種類のプリセットから選択する形式で細かなカスタマイズはできません。

MIYアプリで可能なこと

  • サウンドパーソナライズ
  • 聴取音量が大きすぎないか(音量ケア)の確認
  • タッチコントロール感度の調整
  • EQ

サウンドパーソナライズ

試してみました。私の場合高域が持ち上がるようで、音楽全体の鮮明感が増しましたが、中低域から中域下部のウォームな感じは改善されないので、イコライザーをV-Shapeにしたほうが中低域から中域下部の膨張感が抑えられるため、聴き心地が良かったですね。

beyerdynamic Amiron Wireless

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

beyerdynamic Amiron Wirelessのオーディオステータス
beyerdynamic Amiron Wirelessのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

音質解説

今回はaptX HDでFiiO M15につないで、イコライザーはOriginal、パーソナライズはOFFにしてレビューしています。

beyerdynamic Amiron Wireless中域を重視したかまぼこフラット系のサウンドになっています。構造的には中低域から中域下部が目立ちやすいのが気になりますね。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
Edifier Hecate GX07

Edifier Hecate GX07は高音質コーデックLHDCに対応し、アクティブノイズキャンセリングも搭載したEdifierの野心的なフラッグシップゲーミング完全ワイヤレスイヤホンです。

Edifier TO-U2 mini

Edifier TO-U2 Miniはおしゃれな外観を持ち、通信品質も安定している完全ワイヤレスイヤホンです。

低域(6.0)

  • 原音忠実度:B+
  • 臨場感:C+
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:A-
  • 存在感:B+

低域

Amiron Wirelessの低域は重みと太さは十分で重厚感はあるものの、深さに欠けるため引き締まりにかけ、腰高気味に聞こえます。

ドラムキックは重くはっきりと聞こえますが、ランブルに欠けるため、臨場感や生々しさに劣り、膨張的になります。エレキベースは黒さに欠け、厚みはあるのでエッジのブリブリ感はありますが、広がりが弱く、緩いぬるま湯のような音になりがちです。

レイヤリングも悪く、率直に言ってあまり評価するところのない平凡以下の低域です。

中域(7.5)

  • 原音忠実度:B
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中低域から中域下部が強調されるため、中域の音像はやや濁って聞こえます。

充実感のある雰囲気で奥行き感も強調されてステージングもよいですが、質感で劣り、がさがさしたドライな中域です。一般に中域の広さを重視するbeyerdynamicらしい調整と言えますが、キレの悪さがかなり目立ちますね。

個人的な経験から言うと、beyerdynamicは開放型の場合はブランドのコンセプトがうまく作用してよい機種を作るんですが、密閉型では調整で失敗しやすく、駄作になりやすい傾向があります。

Amironもクランチ感が極端に不足しすぎて中域の立体感とディテールに大幅な悪影響が出ています。

高域(8.0)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:C+

高域

一般に高域に不利な密閉型ですが、Amironの高域の調整はわりとまともです。密閉型らしい拡張性の不足があり、空気感はいまいちですが、鮮明感はかなり高く、低域とよく釣り合っています。

歯擦音は実際には少し強めですが、クランチ感が弱いせいで耳に痛い感じは出ません。

定位/質感

  • 質感の正確性:C
  • 定位の正確性:D+
  • オーケストラのテクスチャ:D-
  • 雅楽のテクスチャ:D-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

厚みがあって充実感に優れますが、中域の透明度はいまいちで、中域は少しゴソゴソして聞こえますし、抜けが悪いので空気感もいまいちです。臨場感にも欠けるため、生々しさもなく、どんな曲を聴いても質の悪い録音を聴かされているようです。

雅楽も同様で音の広がりが悪くて生々しさに欠けるうえ、篳篥は歯切れが悪くて軸の力強さに欠け、少し太さがあるけど柔らかい、もやしのような音に聞こえます。充実感には優れているため、全体的に上品な雰囲気と肯定的に評価することも可能かもしれませんが、どちらかというと引っ込み思案な印象で面白みに欠けます。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B-
  • クリア感:B+
  • イメージング:B+
    • 高域:B+
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

低域の深さは物足りず、中域で奥行きが強調され、高域は高さが足りません。

クリア感は価格の標準を満たしています。

解像度は価格の標準以上です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:C
  • 個人的な好み:D-

音質総評

テスラドライバーをワイヤレスで提供するというbeyerdynamic自慢のAmironですが、音の印象は正直平凡以下ですね。サウンドパーソナライズを利用すれば全体の傾向は改善されますが、それでもレンジ感の不足が大きく、バランスも優れているとは言えません。beyerdynamicらしいゆったりした音が好きなら悪くありませんが、強くおすすめできるポイントがないですね。

音質的な特徴

美点

  • 奥行き感のある音場
  • 鮮明感が高い
  • 包まれ感がある
  • 高い充実感
  • ウォームで聴き心地が良い
  • ブーミーで力強い

欠点

  • 正確でない質感表現
  • キレが悪い
  • 大幅に浅く、広がりで劣る低域
  • 高域の拡張性に劣る
  • 破綻した定位
beyerdynamic Amiron Wireless

奥行き感のある音場
包まれ感がある
高い充実感

beyerdynamic Amiron Wireless

Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
Beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless
beyerdynamic Amiron Wireless

HiFiMAN HE-R10 Dynamic Version

Re:ゼロから始める異世界生活 レム アイドル Ver. 1/7スケール

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』より、アイドル姿になったレムが1/7スケールで登場!

 

「貴方のために歌います!」

見ていて癒やされる優しい笑顔。頭に乗せたリボン付きのハットや各所に散りばめられた花型の装飾も繊細に表現しています。

 

 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用い、FiiO BTA30を使い、aptX HDでワイヤレス伝送しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic Amiron Wireless

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic Amiron Wireless

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. beyerdynamic Amiron Wireless

総評

beyerdynamic Amiron Wirelessは外観デザインが美しく、高級感があるヘッドホンです。サウンドもその見た目にふさわしく、力強く、包まれ感があり、充実感のあるリッチなサウンドを提供しますが、音質面では総じて価格の水準を満たしていません。

beyerdynamic Amiron Wireless
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

beyerdynamic Amiron Wireless

Beyerdynamic Amiron Wireless
7.9

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

8.0/10

中域

7.5/10

低域

6.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

通信品質

8.5/10

長所

  • 奥行き感のある音場
  • 鮮明感が高い
  • 包まれ感がある
  • 高い充実感
  • ウォームで聴き心地が良い
  • ブーミーで力強い

短所

  • 正確でない質感表現
  • キレが悪い
  • 大幅に浅く、広がりで劣る低域
  • 高域の拡張性に劣る
  • 破綻した定位

コメント