【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション

【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション1000円~3000円
TANGZU Waner S.G

プロローグ

  • この記事を書いている時点で、私のWan’er S.Gは120時間以上稼働しています。
  • 測定は行わず、自分の耳で聞いたことを書いています。
  • 私の好みのサウンドチューニング、拡散音場ニュートラル (Etymotic)
  • 私のインプレッションはすべて、私自身のMisodiko MIX 460チップで行われました。
  • 最終的に、私のレビューは純粋に主観的であり、私の個人的な好みの音に偏っています。
TANGZU Waner S.G

TANGZU Wan’er S.G

HiFi 10mmダイナミックドライバーPET振動板中華イヤホン

最新のシングルダイナミックドライバーIEM「TANGZU Wan’er S.G」が発売されました。

この製品の要点

  1. 美しい透明アクリルシェル&良好な装着感
  2. 駆動は容易だが、ソース次第でスケール感が向上
  3. 分析性には少し劣るものの、バランスのとれたサウンド

開梱動画

Tangzu WANER SG IEMs Unboxing!
【中華イヤホン QKZ × HBB レビュー】メロウな低域寄りの中域充実系サウンド

QKZ×HBBは十分に深みのある低域と良好な高域拡張性、そしてメロウな中域を備えた美音系のサウンドを持っているイヤホンです。

【HiFiGOレビュー】NICEHCK NX7 mk3 開梱&クイックレビュー:美しく、より魅力的になりました

予想よりも早く、NiceHCKは、新しいアップグレードされたドライバーを備えたNX7 MK3をリリースしました。交換可能なフェースプレート、および再び交換可能なサウンドチューニングフィルターを備えたN Read more

Wan’er S.Gの技術仕様

  • インピーダンス:20Ω
  • 感度:107dB
  • ドライバー仕様:10mmPETダイアフラムダイナミックドライバー
  • THD + N:<0.5%
  • FR範囲:20Hz〜20kHz

使用機材

  • Sony Xperia 1 iV
  • Windows 10 with Native USB Drivers
  • USB Exclusive Mode with FLAC files
  • CEntrance DACport HD
  • Cayin RU6
  • Ovidius B1
  • 7Hz 71
  • VE Abigail

テストに使ったプレイリスト

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

デザインとビルドクオリティ

Tangzu Wan’er S.Gは、19.90ドルという価格からも明らかなように、格安のIEMです。大衆に非常に手頃な価格であることを意図しています。そのため、構造はシンプルな透明アクリルシェルと非常に控えめです。Wan’Er S.Gは、透明なホワイトモチーフとブラックオペークテーマの2色から選ぶことができ、陰と陽に似ています。

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

シェルは、全体的にしっかりした作りです。非常に軽量で、エッジも滑らかです。

Wan’er S.G IEMシェルは、サウンドチューニングを目的としたデュアルキャビティチャンバーを誇り、これは特に完全透明なホワイトバージョンではっきりと観察することができます。ネオジウムN52 PET振動板ダイナミックドライバーは、ノズルポートの近くに固定され、その後ろに余裕のあるチャンバーがあります。

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

Wan’er S.Gの付属品、QDC2ピン端子付きOFCケーブル、シリコンチップ、Wan’er S.G自身が描かれた非常に芸術的なクリーニングクロスなどのアクセサリーセットです。

純正チップは、ナローボアとワイドボアの両方が付属しています。通常、高音域重視の場合はワイドボア、低音域重視の場合はナローボアを使用するのがおすすめです。自分の使い方では、どれも使わず、Misodiko MIX460のハイブリッドチップを選択しました。

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

Wan’er S.Gの装着感は、自然です。とても快適で、軽量です。シェルは私の耳たぶに心地よくフィットします。3〜4時間使用しても疲れを感じさせません。特にイヤーフック部分のカーブしたフックが私の耳の穴よりも少し広くループしており、ケーブルに顎のスライダーがないと、視覚的に私の耳がエルフのとんがり片のように見えることがありますが、Kinera Leydingに交換すると解決しました。

音質

サウンドインプレッションの前に、私のWan’er S.Gのレビューの90%は、Misodiko MIX460チップとKinera Leydingケーブルの組み合わせに基づいていることを明確にしておく必要があります。その結果、この組み合わせは純正チップとケーブルに比べ、Wan’er S.Gが劇的に改善されることを発見しました。

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

箱から取り出したWan’er S.G.の音は、有機的な気質がよく感じられる自然な音でした。全体的なチューニングはニュートラルに近いと思いますが、低域が盛り上がっていて、本来のニュートラルなサウンドカーブよりも強く、濃く聴こえるのが特徴です。最近のIEMは、低域を太く濃くするのが好きな消費者の要求に応えるために、低域を高めにチューニングするのが主流になっているようです。そうでなければ、Wan’er S.G.は中音と高音はほとんど色づけされていないような、極めてニュートラルな音になるはずです。低域のブーストを抑えるために、Misodiko MIX460というハイブリッドチップを使いました。

Wan’er S.G.のダイナミック特性は、かなり伸びやかでバランスが良いというのが一番しっくりくる表現です。贅沢なことは何もありません。ダイナミックなトランジェントは、おおむねクリーンでスムーズに表現されます。ハーモニックスの流れに十分なエネルギーとペースがあり、感覚的に調整されたシングルDDに期待されるものです。これに対して、HZSOUND Heart Mirrorは、非常にエネルギッシュでユーフォニックに見えます。一方、Wan’er S.Gは、Tangzuのデビュー作であるYuan Li(私は今日まで本当に好きだった)に近い響きを持っています。

音質的な特徴は、有機的で音楽的だと言えます。低域から高域まで終始、自然な響きを忠実に再現し、リアリティがあります。唯一不満があるとすれば、音色イメージの強さと深さが、(全体的に滑らかさを好むため)少し曖昧に見えることがあることでしょう。暖かくもなく、明るくもなく、ちょうどいい感じです。Shure KSE1500Kinera Idun GoldenSennheiser HD600で聴けるような自然な音色と音質で、もちろんこれらのデバイスは実装が非常に優れていますが、Wan’er S.Gはそのようなサウンドに近いと言えます。不快感がなく、滑らかで、流れるような音。デジタルっぽさや金属的なニュアンスはなく、私の主観では非常に好感が持てます。

Wan’er S.G.の中域は実に印象的です。ステージングと配置は十分前に出ていて、大胆に見えるように適切に調整されていますが、決して前面に出過ぎたものではありません。ソースの意図する性質に対して透明で、対象となるオーディオトラックで行われたミキシングの種類に依存します。例えば、ジャズ、ポップス、フォーク、バラードなどでは、Wan’er S.G.が意図したように中音域を支配してセンターステージに立ち、聴覚的に前に出てきます。ロックやメタルなど、Vカーブチューニングの音楽では、中音域が適度に後退して聴こえます。

Wan’er S.Gは中域が豊かで濃く、質感は健全で魅力的、アタックとディケイに有機的なテーマが感じられ、テンポは適度で信憑性があります。特にジャズやバラードなど音楽的な感動を与えてくれるイージーリスニングに最適です。

楽器の音はほとんど滑らかでよく定義されており、ハイエンドのIEMで聴くような臨床的な正確さと深みを欠いています。Wan’er S.Gは弦楽器と打楽器をリアルなトーンと音色で扱い、エレクトリックギターは滑らかなテーマを維持しながらも十分なバイトを提供する点が気に入っています。競合製品ほどエッジが立ってはいませんが、これはWan’er S.Gが技術的な正確さよりも音楽的な経験を提供することを意味しています。

ヴォーカルに関しては、Wan’er S.Gは非常に汎用性が高く、適応性があります。男性でも女性でも、ジャズでもロックでも、Wan’er S.Gは、特にバリトン/テナー(男性)やコントラルトタイプの声には、ほんのりとした暖かさを感じさせ、オーガニックでニュートラルなボーカルを発するための優れた透明性を提供します。特にバリトンやテナー(男性)、コントラルトのような声では、ほんの少し温かみを感じるかもしれません。中音域を滑らかにすることで、音質の良くない録音ではややヒリヒリと耳にうずくような不明瞭感を感じるが、音質の良い録音では非常に効果的です。

Wan’er S.G.の高音は控えめだが、きらびやかで滑らかです。嫌味のないチューニングで、活力と煌めきがあります。伸びやかさはややロールオフ気味で、微細なディテールはほとんど聴き取れません。最も重要なのは、Wan’er S.Gのトレブルは、プラスチックのような金属的な気配がなく、自然な響きを維持していることです。また、トレブルの音色の流れに伴う空気感やトランジェントが滑らかで、落ち着きさえあります。これはMisodiko MIX460チップとKinera Leydingケーブルの組み合わせによるところが大きいでしょう。

また、ディケイ(減衰)はややロールオフ気味ですが、それでも見事なまでにクリーンで鮮明です。また、中高域から高域にかけては、ピンぼけがなく、高域の歯擦音が目立つことがないため、何時間聴いても疲れません。

低域は、中低域のブーストが顕著で、中低域も十分な密度を持っています。100時間のバーンインで、低音のブリードが全くなくなりました(40時間までは、中低音が中低音に干渉し、低音の重い曲で若干の肥大化が見られることがあります)。良いことに、DDであるため、低音は見事に落ち着き、今では非常にクリーンで規律正しいものとなっています。躍動感は成熟しており、理に適っているように見えます。

中低音は質感と深みがあり、インパクトとスラムは控えめで、低音愛好家にとっては十分な密度や重さではないかもしれません。しかし、色付けのない音を好む人にとっては、Wan’er S.G Bassは非常に豊かで、特に中低音の存在感があります。

低音全体の質感は一見豊かですが、深みやマクロなディテールにやや欠けるように感じます。これは私が批判的なだけで、実際は、批判的な比較をしなければ、Wan’er S.Gのベースパフォーマンスは、気軽に音楽を楽しむにはかなり良いものだと思います。実際、私は普段から低音の少ないオーディオ機器を好んで使っています。その点、Wan’er S.G.は低音全体の密度、量感がちょうど良い水準にあります。

重低域では、ディケイはかなり鮮明でスムーズです。ハーマン製チューニングIEMのような深さはありませんが、Wan’er S.Gは低域の密度感が十分で、満足できるリアルな震動感を与えてくれます。

 

技術面

Wan’er S.G.はヘッドステージが広く開放的なサウンドで、サウンドステージの広がりも良く、広々とした空気感があります。セパレーションラインは非常にきれいで、分析的とは言えないが、若干不鮮明でも文句はありません。個々のレイヤーを追跡するのは難しくありません。

空間的な配置と投射は、単一のDDとしては見事にホログラフィックで、イメージングも十分に鮮明で滑らかです。透明度とディテールの処理に関しては、Wan’er S.Gは有能なユニットであることが証明されました – 再び正確に分析セットではなく、マイクロディテールの検索がわずかに控えめであるように見える。それ以外の点では、音楽を楽しむ(分析するのではない)カジュアルな使用には非常に適している。また、Wan’er S.Gは、透明度と解像度が非常に高く、ソースを忠実に、自然な音色と正確さで描き出します(あえて言えば、控えめな感じ)。

スピードはWan’er S.G.の平均的なもので、他の競合機種ほどスピーディーではありません。しかし、複雑なオーディオトラックで音が混濁しない程度には機敏に動作します。これはもう、私の中では大きなプラスです。

TANGZU Waner S.G
TANGZU Waner S.G

スケーラビリティ

Yuan LiやZetian Wuのように、定格20Ω、感度107dBにもかかわらず、Wan’er S.G.は、パワーに比例してスケールアップします。私のSony Xperia 1 iVに直接接続しても、豊かで音楽性の高いサウンドを聴くことができます。Wan’er S.Gをより高出力のパートナーと組み合わせることで、より強いイメージングと鮮明な音の重みのような技術的な側面を向上させることができます。Cayin RU6、CEntrance DACport HD、Ovidius B1との相性は抜群で、技術的な要素がより一層高まったように感じられます。また、Wan’er S.G.は、パワーアップしても安定した音質を保っており、シャウト感が出る感じは全くありません。

エピローグ

TANGZU Wan’er S.Gは私の好みです。最大級のコスパが期待できるWan’er S.Gは、私の観点では控えめで気楽な、バランスのとれた演奏家です。ある程度分析的なリスニングをする場合でも、Wan’er S.Gは、優れた技術力を提供する同等の能力を持つパートナーと接続する限り、音の技術的要素を満たすのに十分な能力を持っていることが証明されるでしょう。また、良いケーブルやチップでWan’er S.G.を整えることも忘れてはいけません。Wan’er S.Gはカジュアルな使用には十分すぎるほどですが、もう少し強化すれば、音楽的にバランスのとれた、満足のいく明瞭な出力で多用途性を発揮してくれることでしょう。

最終的に、Wan’er S.Gは19.90ドルという価格でありながら、無視できないほどのコストパフォーマンスを提供しています。ほとんどの場合、それは低価格IEMとは思えません。低域を適度にブーストし、ニュートラルに近いサウンドを求める人には非常に魅力的でしょう。Wan’er S.Gは、間違いなく、20ドル以下の製品としてお勧めできる製品です。

TANGZU Wan'er S.G

中華イヤホン TANGZU Wan’er S.G レビュー

重厚感のある低域と濃厚でマイルドな聞き心地の中域を兼ね備えたイヤホン

TANGZU Wan’er S.G優れたオーディオスペック耳当たりの良い濃厚なリッチサウンドを備えたイヤホンです。ビルドクオリティやパッケージクオリティも低価格とは思えないほど充実しており、総じて支払った値段以上の満足感を与えてくれるでしょう。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント