【モニターヘッドホン SHURE SRH940 レビュー】高い解像度、原音忠実度、ほぼ完璧に正確な定位感と質感。この価格で買えるのが信じられない優れたスタジオモニター。ただし耐久性だけ難あり

SHURE SRH94020000円~30000円
SHURE SRH940

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

SHURE SRH940の概要

こんな人におすすめ

  • 優れたレコーディングモニターを探している
  • 楽器練習や歌唱練習に使えるモニターを探している
  • DTMer
  • サウンドエンジニア
  • ミキシングエンジニア
  • レコーディングエンジニア
  • コスパ重視

基本スペック

  • 周波数特性:5~30kHz
  • インピーダンス:42Ω
  • 感度:100dB/1mW
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-sound スコア
SHURE SRH940
SHURE SRH940

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:7.0/10.0
  • 装着感:8.0/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:7.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0

長所と短所

長所

  • 正確な定位感
  • かなり正確な質感
  • 原音忠実性が比較的高い
  • 明るく鮮明
  • 優れた解像度
  • 優れたディテール感
  • 優れた空気感

短所

  • 低域の不足
  • 価格なりのクリア感
  • 明るすぎてやや聞き疲れやすい
  • 耐久性に問題あり

SHURE SRH940の特徴

SHURE SRH940
SHURE SRH940

プロのオーディオエンジニアやミュージシャン用にデザインされたSRH940モニター用プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホンは、正確な周波数応答を提供し、歪みを最小限に抑えながら、タイトな低域とスムーズに伸びる高域を実現し、正確なレスポンスを備えています。折りたたみ式の軽量デザインのため保管と携帯が簡単で、パッド入りヘッドバンドにより快適な装着感が得られ、長時間の使用が可能です。2種類の着脱式ケーブル(ストレート、カール)が付属しており、ベロア素材のイヤパッドを交換することで長期間の使用が可能です。さらに、ジッパー式トラベルケースと6.3 mm金メッキ標準プラグアダプターも付属しています。

  • 正確な周波数応答を提供し、歪みを最小限に抑えながら、タイトな低域とスムーズに伸びる高域を実現し、正確なレスポンスを再現
  • 長時間の使用でも快適さを損なわない軽さとプレミアムパッド入りヘッドバンドによる人間工学に基づくフィット感
  • 密閉型サーカムオーラルデザインにより耳全体を快適に包み込み、周囲の騒音を低減
  • 折りたたみ式デザインで調整可能なため保管と携帯が簡単
  • ロック機構付きの着脱式ケーブルはケーブルをイヤカップに確実に固定すると共に簡単な交換を実現
  • 長年のスタジオエンジニアリングで培ったShureクオリティーによる、日々のハードな使用にも耐えうる耐久性
  • この上ない快適性を提供するベロア素材の交換用イヤパッドが付属し、長期使用が可能
  • 2種類の着脱式ケーブル(カール、ストレート)、柔軟な装着と簡単な交換が可能
  • 外出時や保管時にヘッドホンを保護するジッパー式ハードトラベルケース、6.3 mm金メッキ標準プラグアダプター付属
  • 2年保証
Shure SRH940 Professional Reference Headphones

 

パッケージ(8.5)

SHURE SRH940
SHURE SRH940

パッケージは価格の標準を満たしています。業務用製品なので、パッケージは簡素です。

パッケージ内容

  • ヘッドホン本体
  • 3.5mm→6.35mm変換プラグ
  • キャリングケース
  • 交換用イヤーパッド
  • 交換用ケーブル
  • 説明書
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940

ビルドクオリティ(7.0)

SHURE SRH940
SHURE SRH940

ビルドクオリティは価格のわりに安っぽく、プラスチッキーで耐久性に問題があります。サウンドハウスAmazonのレビューを見てみてください。耐久性の問題を指摘する声で溢れています。

SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940

装着感(8.0)

SHURE SRH940
SHURE SRH940

軽量で装着感は悪くありません。

SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

SHURE SRH940のオーディオステータス
SHURE SRH940のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

SHURE SRH940はアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回はFiiO M15で駆動してレビューします。

SHURE SRH940高域寄りのブライトニュートラルサウンドを持っており、スタジオモニターとしては優秀な性能を持っています。解像度も非常に高く、定位感に優れています

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
SHURE SRH940
KZ EDA

KZ EDA(緑)はモニター的で高精細なサウンドを持っており、低価格で解像度の高いミキシングモニターを求めている人に最適の選択肢となりえます。

Audiosense AQ0

Audiosense AQ0は1万円以下でバランスの良いウォームニュートラルサウンドを求めている場合、かなり有力な選択肢になります。

低域(7.0)

  • 原音忠実度:C+
  • 臨場感:D+
  • 深さ:C+
  • 重み:B
  • 太さ:B
  • 存在感:C

低域

SHURE SRH940の低域は存在感が弱めにされています。中域がはっきりと聞こえるようにこのような調整がされているのでしょう。

ドラムキックはやや浅く、エレキベースも明るく黒さが今一つで広がりもいまいちです。深さを強調しないのでベースヘッド(低域好き)には完全に向かないうえ、低域の作り込みにも使えません。SRH940の唯一の欠点と言えるポイントです。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:A-
  • 存在感:B

中域

SHURE SRH940は最前面でほぼニュートラルな中域を聞かせてくれ、スタジオモニターとして非常に優れています。

ボーカルはほぼ最前面で聞こえ、中域は明るく各楽器はディテールがはっきりと、定位も正確に聞こえます。

透明度も高く、解像度も素晴らしく、みずみずしさが感じられるサウンドで、澄み渡るという表現にふさわしい、かなり理想的な中域を提供します。

高域(9.5)

  • 原音忠実度:C
  • 艶やかさ:A-
  • 鋭さ:A-
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:C+
  • 繊細さ:B-
  • 存在感:B-

高域

SHURE SRH940は伸びやかさも十分で鮮明感も高く、空気感にも優れ、それでいてピアース感や歯擦音の尖りがない、ディテールに優れた優秀な高域を提供します。

定位感は完璧に再現され、楽器音の伸びもよく、ハイハットの広がりも良好です。

定位/質感

  • 質感の正確性:A-
  • 定位の正確性:S-
  • オーケストラのテクスチャ:S-
  • 雅楽のテクスチャ:S-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

重厚感が足りず、やや軽っぽいところを除いてほぼ完璧なフルオーケストラを楽しめます。

自然な倍音表現を実現しているために、篳篥の音はかなりナチュラルに聞こえ、金属的な耳障りさはほぼ皆無です。和音もきれいに聞こえますが、やはり重厚感で物足りず、少し明るすぎて聞こえる感じをどう思うかです。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:A
    • 高域:S-
    • 中域:A+
    • 低域:B-

音場

低域は浅めで、中域はほぼ前面ですが、少しステージングが強調されており、高域はかなり優れた高さを提供します。

クリア感は価格なりですね。場合によってモニターとしては少し物足りないかもしれません。SHUREは伝統的にTHDをあまり重視しない傾向があります。

イメージング性能は価格帯では抜群で、ハイエンド機種でも匹敵するものは少ないでしょう。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

音質総評

SHURE SRH940は定位感と質感表現に優れ、中域の聞き取りの邪魔になる低域は抑えられた、かなり理想的なミキシング/レコーディング/トラッキング用の万能モニターヘッドホンです。唯一の欠点である低域だけは、たとえばYAMAHA HPH-MT8TASCAM TH-06といった低域をしっかり出すモニターヘッドホンを併用することでカヴァーできます。

音質的な特徴

美点

  • 正確な定位感
  • かなり正確な質感
  • 原音忠実性が比較的高い
  • 明るく鮮明
  • 優れた解像度
  • 優れたディテール感
  • 優れた空気感

欠点

  • 低域の不足
  • 価格なりのクリア感
  • 明るすぎてやや聞き疲れやすい
SHURE SRH940

正確な定位感
かなり正確な質感
優れた解像度

競合機種
SHURE SRH940
SHURE SRH940

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム スポーティサマーver.

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』より、レムがスピード感あるスポーティなコーディネートで登場!

 

きらりと眩しい笑顔、爽やかな風を感じさせる衣服、白く輝く胸元。元気でにこやか、真夏の太陽のように明るいレムをお迎えしましょう!

 

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SHURE SRH940

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SHURE SRH940

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. SHURE SRH940

総評

3万円程度で優れたモニターヘッドホンを探している人にとって、まっさきに検討すべき製品がSHURE SRH940です。優れたディテールと正確な定位を持ち、音楽の表現をはっきりと細部まで高い解像度で再現するため、メインのモニターヘッドホンとしてほぼ完璧な性能を提供します。ただし、耐久性に問題があるため、取り扱いは非常に丁寧に行う必要があるのだけ注意です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

SHURE SRH940

SHURE SRH940
8.8

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

7.0/10

装着感

8.0/10

高域

9.5/10

中域

9.5/10

低域

7.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

コストパフォーマンスボーナス

12.5/10

長所

  • 正確な定位感
  • かなり正確な質感
  • 原音忠実性が比較的高い
  • 明るく鮮明
  • 優れた解像度
  • 優れたディテール感
  • 優れた空気感

短所

  • 低域の不足
  • 価格なりのクリア感
  • 明るすぎてやや聞き疲れやすい
  • 耐久性に問題あり