【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC レビュー】それは完成されたSoundPEATS T2ですか?いいえ、別のなにかでした。

JPRiDE TWS-5 ANC5000円~10000円
JPRiDE TWS-5 ANC

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANCの概要

こんな人におすすめ

  1. ふっくらした甘い日本語ボーカルを楽しみたい
  2. 充実感のあるサウンドが好き
  3. 低価格でそれなりに機能するANCがほしい
  4. JPRiDEファン
  5. アンチSoundPEATS

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:12h(ANC使用時7h)/30h
  • 防水性能:IPX5
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:214-112301
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-sound スコア
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

8.1
  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:7.5/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:7.5/10.0
  • 歪みの少なさ:10.0/10.0
  • 通信品質:8.0/10.0
  • アクティブノイズキャンセリング:7.5/10.0
長所と短所

長所

  • 高いクリア感
  • 比較的バランスが良い
  • 重厚なサウンド
  • 聞き疲れしにくい
  • 悪くないANC性能

短所

  • 音質面ではほぼあらゆる点で劣化SoundPEATS T2
  • 拡張性に欠ける
  • 狭い音場
  • ディテールに欠ける
  • ボーカルが暗い

パッケージ(8.0)

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

JPRiDE T5 ANCのパッケージは決して豪華ではありませんが、機能的でエコです。紙を中心としたパッケージ構成で処分に困ることはなく、地球環境にも優しいデザインです。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。

  • JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC本体
  • 専用充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーピース(3サイズ)
  • マニュアル
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

ビルドクオリティ(8.0)

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

ビルドクオリティは価格を考えると、悪くありません。黒でまとめられたシンプルでエレガントな外観です。

人によっては地味すぎると思うかもしれません。

外観はほぼ完全にSoundPEATS T2と変わりません。

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

装着感(8.5)

SoundPEATS Sonic Pro
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

耳が小さい人でも問題なく装着できそうです。収まりもよいでしょう。

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。ただし、遮蔽物を挟むと通信が乱れがちになりました。完全に切断されることはありませんでしたが、曲を一貫して聴くのは少し難しかったです。通信が混雑する場所などでは少し通信乱れが目立つかもしれません。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースは物理式です。

電源ON充電ケースの蓋を開ける
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納し蓋を閉じる
ペアリングイヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
リセット方法①イヤホンをケースに収納
②両方のイヤホンをケースに収め、両側イヤホンのマルチファンクションボタンを同時に5回タップ
③イヤホンのLEDランプが4回青色に点灯したらリセット完了
曲再生/停止多機能ボタンを2回タップ
曲送り右耳側の多機能ボタンを3回タップ
曲戻し左耳側の多機能ボタンを3回タップ
音量+右耳側の多機能ボタンを1回タップ
音量-左耳側の多機能ボタンを1回タップ
通話応答多機能ボタンを1回タップ
通話終了多機能ボタンを2回タップ
通話拒否多機能ボタンを1.1秒長押し
音声アシスタント機能右耳側の多機能ボタンを1.1秒長押し
ANC/ヒアスルー/ノーマルモード切替左耳側の多機能ボタンを1.1秒間長押し

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

EarFun Free 2 Frequency Response (RAW)
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC Frequency Response (RAW)

周波数特性(自由音場補正済み)

EarFun Free 2 Frequency Response (Free-field correction)
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC Frequency Response (Free-field correction)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータスなど

測定値は有料記事をご覧下さい。各モードの周波数特性の違いやANC性能の測定値など、より詳しい情報が参照できます。

オーディオステータス

Tribit Flybuds C1
JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC(ノーマルモード)のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

音質解説

私がJPRiDE TWS-5 (T-5) ANCに求めていたのは、「より完成されたSoundPEATS T2」です。しかし結果から言えば、それは劣化したT2でした。サウンドバランスは相対的に良くなりましたが、最も重要な低域で大幅に拡張性が悪化し、TWS-5 ANCはT2のような臨場感あふれるサウンドを作り出すことはできません

サウンドはニュートラルを意識し、中域がわずかに後傾的でステージングを強調するサウンドになっています。弱ドンシャリサウンドですね。サウンドバランスは比較的よく、価格帯ではイメージングはまあまあ悪くないかもしれませんが、拡張性の点で少し物足りません

以下のレビューはFiiO M15にSBC接続でつないでノーマルモードでテストしています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

JPRiDE TWS-5 ANC
JPRiDE TWS-5 ANC

低域(7.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:A-
  • 存在感:A

低域

TWS-5 ANCの低域はTWS-335に似ています。どうもJPRiDEはこういう太くて重い、しかし沈み込みの悪い低域を好む傾向があるようですが、率直に言って質が悪いのでやめたほうがいいでしょう。量感的に低域を重視しているようですが、その低域がパッとしないために、音楽全体の印象が悪くなりやすいです。

重みと太さを重視しているようですが、深さに欠けるので腰高、浮き上がり気味に聞こえやすい低域です。力強いランブルが感じられますが、少しモコモコしやすい音です。全体的に浅く、音場の手前付近でもっさりした音を聴かせてくる傾向があります。階層性はそれほど悪くありません。

ANCモードをONにすると、さらに低域は浅くなります。相対的に質の良い低域を求めるなら、JPRiDE TWS520 mk2をおすすめします。最高の低域がほしいなら、SoundPEATS T2を買いましょう。

中域(7.5)

  • 原音忠実度:A-
  • 厚み:A-
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B-
  • 存在感:B

中域

中域は少し暗く、しかも奥行きが強調されてステージ感を演出しています。ボーカルは軸が少し聞き取りづらく、低域がうるさくてニュアンスも聞こえづらいので快活さに欠け、やや元気がなく、やる気が無いように聞こえます。

私の大好きなオーイシマサヨシ「神或アルゴリズム(feat. りりあ)」をボコボコした低域で台無しにして聴かせてきたときには思わず投げ捨ててやろうかと思いました。最近、サウンドバランスが悪く、イメージングの悪いサウンドに体が拒絶反応を示すようになって、とくにゴミイヤホンをレビューするのが苦痛になりつつあるのですが、TWS-5 ANCもその点、全く話になりません。

雨宮天「奏」の歌声も甘くふっくらしてこれはこれで良いとも思えますが、子音がはっきり聞こえないので、口の形が見えません。エロティシズムを感じられず、ニュアンスが伝わってきません。ボーカルにキスできると思えるくらい口の形が見えるレベルになって初めて、この名曲に雨宮天が新たに込めた感情の襞が理解でき、この素晴らしいリバイバルの意味を知ることができます。このイヤホンを聴いても遠すぎて雨宮天の神ボイスを味わうことができません。

まあ、静かな雰囲気で音楽を聞きたいなら悪くありませんが、中域のイメージングでこの機種に期待できるところはほとんどないでしょう。

高域(7.5)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:B-

高域

高域はだめですね。SoundPEATS T2を買ったほうがまともな音がします。

正直コメントするのもめんどくさい。なんでJPRiDEはT2と同じ素体を使って、ここまで劣化したサウンドを作れるのか、一度聴いてみたいですね。

拡張性は悪く、低域とのバランスも取れていないので中域のディテールを引き出すこともできません。

これよりまだTWS-335を買ったほうがマシです。

定位/質感

  • 質感の正確性:B-
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:B
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

ゆったりした雰囲気を出しつつ、ダイナミズムは少し強調されて感じられるのでフルオケを聴くのに悪くないと思う人もいるかも知れません。ホールの奥行き感らしきものが感じられます。ただ全体的にイメージングの繊細さに欠け、つまらない音ですね。劣化した高域が躍動感とディテール感の不足を招いています。一方で良いところもあります。低域がよく響くので、演奏者の挙措に関わる音、床面の響きがよく聞こえ、より演奏者と場の雰囲気が見える気がするかもしれません。ただそうした臨場感を味わうならSoundPEATS T2のほうが優れています。

雅楽は上品で落ち着いた雰囲気があるので個人的には悪くありませんが、少し静かすぎますね。やはり音楽の心臓部が死んでます。

音場/クリア感

  • 音場:B-
  • クリア感:S-

音場

拡張性が足りず、深さと高さで優れていません。奥行きは少し強調されています。

クリア感はきわめて優秀です。

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:B+
  • 個人的な好み:D-
音質総評

サウンドは低域を始め、ほぼ全体でSoundPEATS T2より劣化しています。

したがって、音質面で推奨するところは何もありません。良い音を求めるなら、SoundPEATS T2を買いましょう。オーディオマニアには厳しい音です。

とはいえ、おそらく多くの人にはそれほど悪い印象ではないと思われます。日本語音域のあたりはよく聞こえるようになっており、楽器音やボーカルのボディはパワフルに支えられているので、力強い力感溢れたサウンドに思えるはずです。周囲がうるさい外出時はこれくらい低域の量感があったほうが聞こえが良いかもしれませんしね。

価格分の価値は十分にあると考える人も多いのではないでしょうか。単純に私がこういう安っぽいサウンドが嫌いなだけとも言えます。

音質的な特徴

美点

  • 高いクリア感
  • 比較的バランスが良い
  • 重厚なサウンド
  • 聞き疲れしにくい

欠点

  • 音質面ではほぼあらゆる点で劣化SoundPEATS T2
  • 拡張性に欠ける
  • 狭い音場
  • ディテールに欠ける
  • ボーカルが暗い

クリア感が高い
重厚感がある
聞き疲れしにくい

競合機種

総評

JPRiDE TWS-5 ANC機能面では、改善されたSoundPEATS T2です。ANCの効きは少し悪くなったようですが、ANC時のノイズは風切り音くらいに減り、使い勝手が改善されています。しかし、ANC性能や音質はSoundPEATS T2に劣るので、これをあえて選ぶ必要はないでしょう。

SoundPEATS T2は完全ワイヤレスイヤホンの地平を超低域にまで拡充し、好きかどうかは別にしてまさに他の低価格機種では絶対に味わえないサウンドを実現していました。JPRiDEはそのT2の面白い部分を全部削ぎ落として、こんなにつまらない機種を作ったんですから、もう、一種の天才としか言いようがないですね。

【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Tribit Flybuds C1は全体的な音質のバランスと原音忠実性が高く、長時間再生と快適な装着感を実現した、ランニング愛好者や通勤生活者に最適の完全ワイヤレスイヤホンです。使い勝手が良く、かなりおすすめできる機種です。

【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている

B&O E8 Sportはすっきりとした見通しの良い音場を持ち、モニター的なディテール重視のサウンドを聴かせてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。印象的な解像感が高く、空間は澄み切っていて、音楽を細やかに楽しむことができます。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
previous arrow
next arrow

JPRiDE TWS-5

JPRiDE TWS-5 ANC
8.1

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.5/10

高域

7.5/10

中域

7.5/10

低域

7.5/10

歪みの少なさ

10.0/10

通信品質

8.0/10

アクティブノイズキャンセリング

7.5/10

長所

  • 高いクリア感
  • 比較的バランスが良い
  • 重厚なサウンド
  • 聞き疲れしにくい
  • 悪くないANC性能

短所

  • 音質面ではほぼあらゆる点で劣化SoundPEATS T2
  • 拡張性に欠ける
  • 狭い音場
  • ディテールに欠ける
  • ボーカルが暗い

コメント