【中華イヤホン Truthear HOLA レビュー】中域がツルツルのメロウニュートラルサウンド

【中華イヤホン Truthear HOLA レビュー】中域がツルツルのメロウニュートラルサウンド1000円~3000円
Truthear HOLA

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Truthear HOLAの概要

こんな人におすすめ

  • なめらかなサウンドが好き
  • ボーカル中心で聞きたい
  • コスパ重視

基本スペック

  • 周波数特性:8Hz-46kHz
  • インピーダンス:28Ω±15%
  • 感度:120dB/Vrms
  • コネクタ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:1000円~3000円

audio-soundスコア
Truthear HOLA
Truthear HOLA

9.5
  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:10.0/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0
長所と短所

長所

  • 良好なサウンドバランス
  • 聴き心地が良い
  • なめらかなメロウサウンド
  • 良好な原音忠実度
  • 価格以上の解像度
  • 明るくクリアな中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • スピーカー的な定位感
  • 豪華なパッケージ

短所

  • ディテールの不足
  • 輝度の不足
  • 構築感が不足気味

Truthear HOLAの特徴

Truthear HOLA
Truthear HOLA
  • 費用対効果の高いダイナミックドライバーインイヤーモニター HOLA、ポリウレタン懸濁液コンポジット液晶ドームダイヤフラムとn52磁石の二重キャビティ内部磁気回路ダイナミックドライバーの採用。
  • このような価格層の例外的なドライバー HOLAは、同じ価格でかろうじて使用されていない改良された11mm内部磁気回路成熟した動的ドライバーを使用します。 同じ圧力条件の下で、小さな動的ドライバーよりもパンチのある低音ダイビングをもたらすことができます。 成熟した構造は、優れた線形歪みと非線形歪みインデックスを提供します。 さらに、高エネルギーの変換効率を保証しますが、さらに 一部のコンポーネントドライバーサイズを改善すると同時に、優れた高周波応答を提示することができます。
  • 優れた客観的指数 HOLAの線形歪みは例外的であり、中程度の低音ゲインと高周波振幅応答を備えたHRTF特性を備えています。 Holaは、改善されたコンポーネントのおかげで、IEF_ Neutral_ターゲットに高度に適合することができます。 これは驚くほどパンチがあり、清潔で迅速で、高値が優しいように聞こえるので、ユーザーは長い間聞くのは疲労を感じることはありません。
  • 費用のかかる新世代DLP 3D印刷技術 HOLAは、「Heygears」からDLP 3D印刷キャビティを使用しています。 これは、その固体不透明な樹脂と繊細な表面研削プロセスと一致しています。 優れたテクスチャーと軽量をもたらし、高精度効率を提供します。
  • 最適化された設計安定した着用 ホラはキャビティ設計を最適化し、内部サポートを増やし、ノズルの長さを短縮し、 フェースプレートとキャビティの間の関節位置を調整します。 3Dプリンティングキャビティは、アルミニウム合金CNC陽極酸化フェースプレートと組み合わされ、接着剤によって固定されています。 これにより、軽量で安定した信頼性の高い構造が保証され、不快感を最小限に抑えるために、新しい選択したイヤホンの耳傾子にインストールします。 すべての作品は、長年の非魅力的なリスニングのためのものです。
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

 

パッケージ(8.5)

Truthear HOLA
Truthear HOLA

パッケージは価格帯の標準を満たしています。価格のわりに豪華です。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • キャリングポーチ
  • 説明書
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

ビルドクオリティ(8.5)

Truthear HOLA
Truthear HOLA

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

装着感(8.5)

Truthear HOLA
Truthear HOLA

装着感は良好です。

Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Truthear HOLA Frequency Response (RAW)
Truthear HOLA Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Truthear HOLAのオーディオステータス
Truthear HOLAのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Truthear HOLAはアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Truthear HOLAニュートラルに近いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Truthear HOLA
Truthear HOLA
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T3 レビュー】重厚なV字型ドンシャリサウンド。ANCはおまけ

低価格で重厚かつパワフルなサウンドを楽しみたい場合、UGREEN HiTune T3は比較的おすすめしやすい製品です。

【日本製イヤホン intime 碧Ti3 Edition2 レビュー】音楽に重厚感とライブ感を求めるなら悪くないかもしれない

intime 碧Ti3 Edition2は低域寄りの重厚なサウンドを持っており、少しゆったりしたリスニングイヤホンを求めているなら、悪くないかもしれません。

低域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:B+
低域

Truthear HOLAの低域はかなり深くまでよく伸びており、なかなかの臨場感を実現できます。

ドラムキックはインパクトが十分にあり、重さも相当に感じられ、ランブルも満足できる水準です。

エレキベースも黒く、しっかりとした広がりを持って聞こえます。

存在感の上でも中域とよくバランスが取れていると言え、低域マニアにかなりおすすめできると言えるでしょう。

Truthear HOLA
Truthear HOLA

中域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域はかなりニュートラルに近く、質感表現はかなり正確です。

HOLAを聴いたときにこの中域は面白すぎて思わず笑ってしまいました。かなり明るくボーカルが前面に出てくるのに、角が取れた妙にツルツルして滑らかな音で聞こえるので、耳に柔らかい独特の聞き心地が非常に楽しく感じましたね。

構築感は悪くなるので、たとえばTinHiFi T4 Plusのようなしっかりしたスタジオモニター系イヤホンの音と聴き比べるとすぐに、立体感が少し悪いことがバレるのですが、楽器やボーカルがそれこそ「ヌルヌル動く」ようなスムーズな感覚が斬新です。

中域は全体的に明るく、ボーカルへのフォーカス感はかなり高いうえ、エッジ感が弱めで音が柔らかいので、聞き疲れ感もない、第一印象ではかなり聞き取りやすい中域です。

よく聞くと前述のように立体感が悪いので、少し物足りなくなってくるのですが、まろやかなスムーズさが強調されたサウンドはとにかく面白い印象を受けました。

ただ安月名莉子「seifish」のような曲の立体感がかなり丁寧に構築されている曲を聴くと、途端に物足りなさが出ますね。とくに弦楽や金管は顕著にメリハリ感が消えて、分離感の悪さが感じられ、わりとつまらなくなります。TinHiFi T4 Plusも若干エッジが柔らかいんですが、HOLAよりははるかにまともです。ディテール感に関してはHOLAより優れていますし、T4 Plusの音を聴いた後だとHOLAであまり聞く気にならなくなるかもしれません。

TVアニメ「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」 ノンクレジットED映像|安月名莉子「selfish」

同じようにエッジが柔らかめのイヤホンとしては、TinHiFi C2が思い浮かびますが、こっちはこっちでクランチ感がしっかりしており、解像度でHOLAを上回るので、やはり聞きごたえにはだいぶ差が感じられてしまいます。そういう意味でHOLAの中域は価格帯では悪くないというかわりと優れており、よくまとめられているとは言えるのですが、それほど感動させられる感じではありません。むしろ面白いといった感じで、純粋に良い音というよりは癖があって楽しい感じがやや勝ります。

Truthear HOLA
Truthear HOLA

高域(9.0)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D
  • 存在感:C

高域

Truthear HOLAの高域はかなり滑らかに減衰するように調整されていますが、拡張性では物足りません。全体的なエネルギーもやや弱く、ディテール感はモニター用に使うには少し不足気味に思うかもしれません。

ピーク感はほぼないので、音像はかなり滑らかで、つながりの良い自然な倍音表現が味わえます。シンバルクラッシュは若干地味ですし、高域は中域よりだいぶ抑えられたバランスになっていますが、そのおかげで高域に敏感な人にもかなりセーフティです。

Truthear HOLA
Truthear HOLA

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:B
  • オーケストラのテクスチャ:A
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

質感はかなり優れており、木管は透明度が高く、バイオリンは自然なのびやかさを持っています。高域の拡張性は物足りませんが、ほどほどにディテール感があり、重厚感にも優れ、倍音にも一貫性のあるサウンドを楽しめます。ただし全体的に音が柔らかすぎ、優美な雰囲気が強いですが、力強さに不足を感じるかもしれません。

雅楽も篳篥が優美に伸びます。和音もほぼ完全ですが、エッジが弱いので、少し分離が悪くぼやける感覚があり、高域がやや閉じているため、スケール感に欠けます。

Truthear HOLA
Truthear HOLA

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感: A
  • イメージング:B+
    • 高域:A+
    • 中域:B+
    • 低域:C+

音場

低域の深さは標準程度で、中域は比較的前面におり、高域の高さは標準より物足りません。

クリア感は価格の水準以上です。

イメージング性能は価格の標準以上です。

Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

 

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:S-
  • 個人的な好み:S-

音質総評

滑らかでメロウなサウンドが好きならTruthear HOLAはかなりおすすめしやすい機種です。サウンドバランスもほとんどニュートラルでやや中域が強調された感じとなっており、価格帯ではよく調整されているほうでしょう。

ただ、競合のTinHiFi C2やC3、あるいはCCA CXSなどと比べるとやや滑らかさを重視しすぎて丸く聞こえすぎる感じがあり、人によっては音の角が取れすぎて分離が悪く、表現に緻密さも足りないように思うかもしれません。

好みもあるので一概には言えませんが、一般的には完全に競合するCXSをはじめ、近い価格帯にはさらに優れた機種が多いため、一番におすすめという感じではありません。ボーカル中心のリスニング用に使うならかなり有力な選択肢に思いますが、とくにスタジオモニターを探している場合は多くの人にとって、CXSのほうが優れているでしょう。

音質的な特徴

美点

  • 良好なサウンドバランス
  • 聴き心地が良い
  • なめらかなメロウサウンド
  • 良好な原音忠実度
  • 価格以上の解像度
  • 明るくクリアな中域
  • 中域への適切なフォーカス
  • スピーカー的な定位感

欠点

  • ディテールの不足
  • 輝度の不足
  • 構築感が不足気味
【中華イヤホン Truthear HOLA レビュー】中域がツルツルのメロウニュートラルサウンド

なめらかなメロウサウンド
中域への適切なフォーカス
明るくクリアな中域

Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA
Truthear HOLA

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム スポーティサマーver.

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』より、レムがスピード感あるスポーティなコーディネートで登場!

 

きらりと眩しい笑顔、爽やかな風を感じさせる衣服、白く輝く胸元。元気でにこやか、真夏の太陽のように明るいレムをお迎えしましょう!

 

 

 
 
 
 

 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear HOLA

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear HOLA

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear HOLA

総評

Truthear HOLA滑らかな中域中心のニュートラルサウンドを聞かせてくれる優れたインイヤーモニターです。非常に低価格でありながらパッケージもかなり豪華で、全体として高い満足感をもたらしてくれます。