$10~$30

【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション 1000円~3000円

【HiFiGOレビュー】TANGZU Wan’er S.G:ザ・プレミア・オブ・モデレイション

TANGZU Wan'er S.Gは私の好みです。最大級のコスパが期待できるWan'er S.Gは、私の観点では控えめで気楽な、バランスのとれた演奏家です。
【中華イヤホン Lafitear LM1 レビュー】高解像低歪V字サウンド。楽しく音楽を聴きたい人向けの高コスパイヤホン 1000円~3000円

【中華イヤホン Lafitear LM1 レビュー】高解像低歪V字サウンド。楽しく音楽を聴きたい人向けの高コスパイヤホン

Lafitear LM1は高解像かつ低歪の優秀なサウンドパフォーマンスで典型的なV字型サウンドを聞かせる低価格中華イヤホンです。
Fearless Audio Crystal Pearl  ― 2BAインイヤーモニター $10~$30

Fearless Audio Crystal Pearl ― 2BAインイヤーモニター

Crystal Pearl IEMは、2つのKnowles BAドライバー(CI-22955 + ED-29689)の設計を採用しています。その強力なハードウェアの組み合わせは、高忠実度、高音質の前提であり、華麗なダイナミックさとクリアなディテールで、あなたを高音質の新しい世界へ導きます。
【中華イヤホン TANCHJIM ZERO レビュー】華やかかつ軽やかなサウンドが魅力。質感と定位感の再現度に優れ、解像度も優秀 1000円~3000円

【中華イヤホン TANCHJIM ZERO レビュー】華やかかつ軽やかなサウンドが魅力。質感と定位感の再現度に優れ、解像度も優秀

明るく華やかで抜けの良いサウンドが好きなら、きっとTANCHJIM ZEROを気に入ることでしょう。それはオーディオスペックの点でも1万円以上の多くの機種より優れており、サウンドバランスも非常によく整えられています。
TANCHJIM OLA Bass Version  ― ダイナミックドライバー搭載インイヤーモニターイヤホン $10~$30

TANCHJIM OLA Bass Version ― ダイナミックドライバー搭載インイヤーモニターイヤホン

Tanchjimは、有名なシングルダイナミックドライバーOLA IEMの新しいBassバージョンをリリースしました。OLAのダイナミックドライバーは、PEEKコンポジット振動板とチタンドーム構造で設計されています。ポップス、ヒップホップなどのジャンルを生き生きとさせる、かなりしっかりした低音域のレスポンスを生み出します。
CCA LYRA  ― HiFiシングルダイナミックドライバーイヤホン $10~$30

CCA LYRA ― HiFiシングルダイナミックドライバーイヤホン

LYRAは10mmデュアルマグネティックダイナミックドライバーを採用し、複数の優れた音響調整技術と特許取得のポリマーコンポジット振動板を組み合わせることにより、歪率を下げ、安定した効率の良いドライバー振動数を実現しています。
QKZ x HBB  ― 10mmチタンコーティングダイヤフラムドライバーイヤホン $10~$30

QKZ x HBB ― 10mmチタンコーティングダイヤフラムドライバーイヤホン

HBBの長年の経験と膨大なIEMの周波数測定データベースに基づき、QKZはHBBのチューニングと最適化に基づき、3つの周波数でバランスのとれたこの音響特性を開発しました。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T1C レビュー】重厚感のあるサウンド。しかし使い勝手や音質はやや古臭い 3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T1C レビュー】重厚感のあるサウンド。しかし使い勝手や音質はやや古臭い

重厚感のあるサウンドが好きならQCY T1Cを検討するのも悪くないかもしれません。
【完全ワイヤレスイヤホン Realme Buds Q レビュー】重量感のある低域と抜けの良い高域が共存したU字重ドンシャリ。解像度は高い 3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Realme Buds Q レビュー】重量感のある低域と抜けの良い高域が共存したU字重ドンシャリ。解像度は高い

Realme Buds Qは高い解像度で低域が強調されたU字ドンシャリの音を聞かせるイヤホンです。
TANCHJIM ZERO :HiFiダイナミックドライバー搭載イヤホン $10~$30

TANCHJIM ZERO :HiFiダイナミックドライバー搭載イヤホン

Tanchjim Zeroは、コンパクトな弾丸型デザイン、DMT4ベースのシングルダイナミックドライバー、そしてエントリークラスの価格を実現した全く新しいシングルダイナミックドライバーIEMです。
【完全ワイヤレスイヤホン Honor Choice EarBuds X3 Lite レビュー】奥行き感を強調した典型的なV字型サウンド。解像度は高い 3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Honor Choice EarBuds X3 Lite レビュー】奥行き感を強調した典型的なV字型サウンド。解像度は高い

Honor EarBuds X3 Liteは高い解像度で典型的なV字ドンシャリの音を聞かせるイヤホンです。
MoonDrop(水月雨) Quarks :6mm径ダイナミックドライバー搭載インナーイヤー型イヤホン $10~$30

MoonDrop(水月雨) Quarks :6mm径ダイナミックドライバー搭載インナーイヤー型イヤホン

Quarksは、直径6mmの小型外磁気回路アーキテクチャーのダイアフラムダイナミックドライバーを採用し、高性能ネオジム磁石と磁気伝導部品で構成された外磁気回路は、優れたダイナミクス、低い非線形歪みとブーストされた低音を提供することができます。
【中華イヤホン 7Hz Salnotes ZERO レビュー】優れたバランス感覚と秀でた解像度を持つ一貫性のある高品質サウンド 3000円~5000円

【中華イヤホン 7Hz Salnotes ZERO レビュー】優れたバランス感覚と秀でた解像度を持つ一貫性のある高品質サウンド

7Hz Salnotes ZEROはエントリークラスに登場した新たな刺客です。それは非常にバランスの良いサウンドと価格帯の水準を超える解像度とオーディオスペックを持つイヤホンです。
【中華イヤホン KZ ATR レビュー】KZ初期の人気作 1000円~3000円

【中華イヤホン KZ ATR レビュー】KZ初期の人気作

かつてのKZの人気イヤホンです。
【中華イヤホン KZ EDX Pro レビュー】優れた中華イヤホン入門機 1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Pro レビュー】優れた中華イヤホン入門機

解像度、全体の歪率水準、やや癖があるものの概ねニュートラルに寄っている良好なサウンドバランス、わりと優れている中域の音作りなど、KZ EDX Proはハイエンド機種に匹敵する美点に事欠きません。
【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい 1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい

KZ EDX Ultraは価格以上のオーディオスペックとビルドクオリティを持つ優れたイヤホンですが、高域で癖が出やすく、それが弱点になりやすいという欠点を持っています。
【中華イヤホン Audiosense TX15 レビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド 3000円~5000円

【中華イヤホン Audiosense TX15 レビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド

Audiosense TX15は低域が強調され、中域が引っ込むV字型サウンドを持っています。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17S レビュー】非常に優れたサウンドバランスと高度なカスタマイズ性を備えた、名機T17の上位モデル 3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17S レビュー】非常に優れたサウンドバランスと高度なカスタマイズ性を備えた、名機T17の上位モデル

QCY T17Sは高度なカスタマイズ性を備えた専用アプリと優れたサウンドバランスを持っている、完全ワイヤレスイヤホンの革新的機種です。
【中華イヤホン Tripowin Lea レビュー】質感表現の美しい、高解像で透明感のある中域が魅力の歌うイヤホン 1000円~3000円

【中華イヤホン Tripowin Lea レビュー】質感表現の美しい、高解像で透明感のある中域が魅力の歌うイヤホン

Tripowin Leaは低価格帯に彗星のように現れた新たなスターです。同じ価格帯のCCA CRAとともに2022年の最初のバジェットヒーローとなるでしょう。
【中華イヤホン CCA CRA レビュー】ZEX Proの改良版ともいうべきモデル。同等の解像度、より重く力強い低域、改善された高域の拡張性とピーク 1000円~3000円

【中華イヤホン CCA CRA レビュー】ZEX Proの改良版ともいうべきモデル。同等の解像度、より重く力強い低域、改善された高域の拡張性とピーク

CCA CRAはZEX Proの基本コンセプトを受け継ぎつつ、別のドライバー構成でほぼ上位互換の音を廉価に提供してくれる機種です。全体印象はかなり改善されており、個人的にはZEX Proよりこちらを買うことを推奨します。ただし、中域だけはわずかに劣化している点を考慮する必要はあるでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました