【HiFiGOレビュー】中華イヤホン KBEAR Aurora:クリスピー・ブルー

KBEAR Aurora10000円~20000円
KBEAR Aurora

プロローグ

HiFiGOの長年の愛用者として、ユーザーとしての立場から製品の感想を述べさせていただく代わりに、このKBEAR Auroraを快く送っていただきました。

最新型シングルダイナミックドライバーIEM「KBEar Aurora」発表

本日、KBEarは最新のシングルダイナミックドライバーIEM、新製品KBEar Auroraを発表しました。
この製品は、豊かなチタンドーム振動板を採用した特別に設計された10mmダイナミックドライバーで、音楽の光(音楽のオーロラ)を表現しています。オーロラとは、北極と南極にある自然の稲妻を意味します。このオーロラの光は非常に鮮やかな性質を持っています。KBEar Auroraにも同じことが言えます。プレミアムアルミニウムに彫刻された明るいシルバーのキャビティに、鮮やかなブルーのブランディングが施されています。

KBEAR Aurora

私のレビューは完全に私の視点からの主観的なものであり、私自身の音の好みに大きく影響されていることをご理解いただきたいと思います。その中で私は拡散フィールドニュートラルサウンド(Etymotic DFニュートラルに似ています)の長年の狂信者です。しかし最近では、低音域にもう少し重みがあり、有機的で温かみのある音の特徴を持つニュートラル・バランス・サウンドをより深く理解するようになりました。確かに、私はベースのボディが「不自然」だと思われるサウンドにはアレルギーがあります。しかし、これは私が私であることに他なりません。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

この製品の要点

  1. 澄んだ青色の美しいデザイン
  2. クリアで簡潔かつ自然なバランスの良いサウンド
  3. 録音ソースに寛容でどんな曲でも楽しめる

KBEAR Auroraの基本スペック

  • インピーダンス:18Ω±2Ω
  • 感度:105dB±3dB
  • 周波数応答範囲:20Hz-20kHz
  • 0.78mmの標準的な2pinコネクター
  • 3.5mmシングルエンド終端プラグ

パッケージ開梱動画

KBEAR Aurora Single Dynamic In-Ear Monitor Uboxing!
KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

KBEAR Aurora

¥18,646(税込)

NICEHCK Lofty

長年のシングル・ダイナミックNiceHCK Loftyは、その豊かで滑らかな音の調性で、ピュアベリリウム振動板の魔法をもたらします。私がLoftyに夢中になっているのは、Loftyの音色、解像度、透明 Read more

7Hz Timeless

私がこの7Hz TImelessを手に入れようと確信したのは、「ブレードランナー」のような未来的なデザインと、美しいアルマイト加工されたブラックシェルの不思議な魅力でした。正確な仕様を確認する気にもな Read more

デザインとビルドクオリティ

KBEAR Auroraは、KBEARブランドのフラッグシップIEMとして、エレガントでプレミアムなパッケージで提供されます。このパッケージには、美しいフェイクレザーのポーチバッグ、4ペアのシリコンチップ、Aurora Blue Silver-Plated Copper (SPC) ケーブル (0.78 Two Pins)、クリーニングクロス、クリーニングブラシが含まれています。

3Dプリントされた美しいブルーのクロームメタルシェルの下には、Auroraは10mmのチタンドームダイアモンドドライバーを1つ使用しています。定格は18Ω、感度は105dbです。そのため、Auroraは効率的に駆動できるユニットであると予想されます。

興味深いのは、Auroraが「コーティング」という言葉を使っていないことです。KBEARは単にTitanium Domed Diaphragmと記載しています。つまり、Auroraは私が知っている他のIEMよりも、チタンベースのダイナミックドライバーをさらに忠実に再現しているのではないかと推測しています。

装着感と遮音性

KBEAR Auroraは適度な大きさのIEMです。作りとデザインは、快適さとサウンドチューニングを提供するために細心の注意が払われているようです。私には、より良い密閉性と自然な共鳴を得るために、フォームチップを使用した方がより快適です。私の耳は、シリコンチップにはあまり反応しません。そのため、シリコンチップをしばらく試した後、すぐに好みのフォームチップに交換しました。その他、Auroraの装着は簡単で、ブルーの編組ケーブルは非常にしなやかで、マイクロフォニックを抑えるための顎止めスライダーも非常に使いやすいです。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora
KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

KBEAR Aurora

¥18,646(税込)

音質

バーンイン(エイジング)評価

さて、率直に言います。箱から出してすぐに聞いた音には全く感心しませんでした。Auroraはややピーキーな明るい音で、金属的な音色が強く出ていました。また、拡張的な領域では、非常に気になる粒状のエッジの効いた高音域の減衰が見られました。しかし、これらは最初の2時間が過ぎると徐々に消えていきました。

この時点で、この製品には十分な量のバーンインが必要だと分かりました。ダイナミック型ドライバーであるため、工場出荷時の新品の振動板の膜を定期的に動かして、ボディの硬さをほぐす必要があります。これらの製品は、結局のところ、振動の動きによって音を出すのです。チタンドームを採用していることから、Auroraは通常のDDよりもさらに硬く、密度の高いものになるでしょう。また、このAuroraはスピード感を重視した設計になっていると思うので、振動板自体の厚さも通常よりも十分にあるのではないかと思います。

そこで、2台目のノートパソコンで合成音とピンクノイズのオーディオループを使って、Auroraを専用のバーンインに設定しました。次の30時間は継続して動作させます。30時間が経過した時点で接続して聴いてみると、気になっていた金属的な荒々しさが消え、全体的にしっかりとした歯切れの良い音に変わっていたので、とても安心しました。バーンインの結果に満足した私は、さらに70時間のバーンインを行いました。

この後に紹介するサウンドインプレッションは、以下の機材で100時間バーンインした後のものです。

  • ノーブランドのスローリバウンドメモリーフォームチップ
  • Samsung Galaxy S20 (USB 3.0 Power Delivery)
  • HiBy Audio Player (Android SRCをバイパスするUSB Exclusiveモード)
  • 従来のFLACファイル(CD RipsまたはBandcamp)
  • TempoTec Sonata E44ドングルアンプ
  • Ovidius B1 (3.5シングルエンド)ドングルアンプ
  • Avani ALC5696 ドングルアンプ
  • Abigail CX31993 ドングルアンプ
  • VE Odyssey HD
  • VE Run About Plus 5 (18vアンプ)

音色

KBEAR Auroraは忠実にバランスされたニュートラルなサウンドで、特に後の段階でフォームチップを装着した場合には拡散音場フラットのようなニュートラルさに近づき、同様にニュートラルなソースと組み合わせることができます。

音色は非常にクリアでクリーンなサウンドで、私が好むようなオーガニックなサウンドではありませんが、少なくとも過度に明るいデジタルのようなメタリックなサウンドではありません。さらに重要なのは、私が自然だと感じる音のバランスの正確さです。

Alison Kraussの「Goodbye Is All We Have」でテストしたところ、彼女のピークのあるソプラノ・ボーカルが、鼻声や歯擦音を感じさせず、自然に表現されているのがわかります。私はいつもこの曲でニュートラルさを測っていますが、これはシステムの出力を歪ませて自然な音にならないようにするためです。ギターやパーカッションの音も、色づけされていないリアルな音でした。もう少し密度感があるといいのですが、これは私のこだわりで、オーロラはダイナミックレンジに十分な重みを持たせているので、音がもたつくことはなく、その点は完全に受け入れられます。

「ソリッドでナチュラル、クリーンでクリア、そしてクリスプ」というのが、Auroraの音色とトーンを表現するときの言葉です。

ダイナミクス

コントロールされたソリッドなサウンド、それがAuroraの特徴です。広大なダイナミックレンジに、やりすぎではない、非常によくコントロールされた躍動感がにじみ出ており、本物と信じられるような、はっきりとした、洗練されたものです。このコントロールされたダイナミクスの描写は、先に述べた有機的なタッチの欠如を補うのに役立ちます。現実離れした音にならないように、マイルドな刺激を与えています。

実際、私はこれを、一般的な「過度に刺激的な」ダイナミックドライバーの動作ではなく、磁気プラナーの音に似ていると考えました。単一のDDであることは、サウンドのコヒーレンス(一貫性)を優れたものにします。最も複雑なパッセージでも、異なる周波数の融合に障害があるようには聞こえず、適切なまとまりを持った規律あるものとなっています。

また、高能率であることも利点です。ソニーのXperia Z5 Compactの3.5mm出力でも、健全な表現を楽しむことができます。ただし、全体的なステージングはそれほど広くないかもしれません。もちろん、Auroraはソースに合わせた優れたスケール感を発揮します。

中域

KBEAR社は、Auroraのチューニングについて、「豊かなボーカルの透明感と、非常に詳細な楽器」を実現するためのものだと主張しています。

この点については、私も同意せざるを得ません。まず、前述したように、Auroraはクリアで簡潔かつ自然なバランスの良いサウンドを示し、それは中域の表現にもきちんと反映されています。 Alison Kraussはもちろんのこと、Diana Krallの「The Look of Love」では、息の長い豊かなコントラルト・ボーカルがリアルで鮮明に聞こえ、温かみがありすぎず、適度な深みのあるディケイとステージングを見せてくれました。

彼女のピアノ曲も同様に、鮮明で滑らかで、リアルな噛み応えがある。同じことが、ソプラノとコントラルトのハイブリッドボーカルとジャズ楽器を担当したSinne Eegにも言えます。男性では、MorrisseyやNick Caveのバリトン・ボーカルを、色付けのない自然なトーンで表現していました。

位置的な親密さの要素については、曲の録音方法やマスタリングに大きく依存します。例えば、Alison Krauss、Diana Krall、Nick Caveは、常に顔の見える位置で演奏することを好んでいましたが、Nick Caveや Morrissey は数歩後ろで演奏することを選んでいました。Auroraは、これらをオリジナルの録音に忠実に、透明感を持って表現することができたと思います。

しかし、リスナーの好みによっては、たとえば、この自然な中音をより温かく豊かな音のイヤホンで聴き慣れている人にとっては、貧弱ですっきりして過ぎていると感じられるかもしれません。また、中音域に関しては、信号の質にもよりますが、ディテールや質感が十分に表現されています。

Russian Circlesを例にとると、ギターリフの鮮明で洗練された音を楽しむことができました。リアルなトーン、キレのあるアタック、同様に迅速なディケイを提供してくれました。まあ、もう少しディケイの伸びがあれば完璧なのですが、今のままでも不満はありません。

このパターンは他の楽器やパーカッションにも共通していて、ドラム、サックス、バンジョーなど、どれも適切でリアルな音を出しています。

私にとって最も重要なことは、一部のIEM/Earbuds/Headphonesに見られるような、中高音域での不要なピーク音や叫び声のような歯擦音が聞こえなかったことです。この製品は、人によってはかなりの破格値に感じられるかもしれません。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

高域

最初、私はAuroraの高音域の表現について複雑な気持ちになりました。というのも、私はEtymotic ER4SRやVE Dukeのキラキラした明るいトレブル特性に慣れてしまっているからです。強いて言えば、HZSOUNDのHeart Mirrorのようなトレブルに慣れている人にとっては、Auroraは少し物足りなく感じるかもしれません。

しかし、こう考えてみてはいかがでしょうか。Auroraには素晴らしいトレブルがありますが、私が物足りないと感じたのは、エッジのきらめきや滑らかなスプラッシュです。それに比べてAuroraは、(ディケイが短いために)エクステンションが短いと感じられるものの、よりソリッドで、よりシャープで、より明確なものを提供してくれました。オーロラが自然でリアルな表現に重点を置いていることを受け入れた上での要求であれば、トレブルヘッズ(高域好き)を満足させるのに十分なディテールとテクスチャーがあります。優れた透明性と明瞭性は、高音域を好意的に味わうのに役立ちます。しかし、心配は無用です。リスナーを疲れさせない程度に、エッジの部分にもできるだけ磨きをかけています。

さらに重要なのは、制御不能になるような不安定なスパイクがないことです。TForce Yuan LiやShure KSE1500のような明らかな滑らかさはありませんが、Auroraは空気のような鮮明さで補っており、私はそれを同じように楽しみ、歓迎しています。では、実際のところ、どのくらい寛容なのでしょうか?

言うまでもなく、私はBurzum、Mulla、Cult of Fireなどの多くのLo-Fiブラックメタルの曲を聴くことができましたが、これらのバンドが示したシャウトな高音で鼓膜が破れてしまうことはありませんでした。Grado SR60eやBeyerdynamic DT990でBurzumを聴いてみれば、私の言っている意味がわかると思います。

【中華イヤホン TForce Yuan Li レビュー】清潔感のあるニュートラル系ウォームリスニングサウンド。まさに1万円台の皇帝

TForce Yuan Liはこの価格帯、いえ、全価格帯含めても競争力のあるニュートラル系リスニングイヤホンです。非常に優れたバランス感覚と巧妙なステージング、聴き心地の安定感、ビルドとパッケージの両面でのクオリティの高さなど、エントリークラスでありながら、ハイエンドレベルのサウンドを持っています。スムーズで後味を引かない快適なサウンドで万能に音楽を楽しめます。1万円台でスマホでもDAPでも使える良質なイヤホンを求めている場合、大注目の製品であることは間違いないでしょう。

TForce Yuan Li

低域

Auroraの低域は非常によく鍛えられており、スピード感があり。実際、スペックを読んでいなければ、これはマルチバランスドアーマチュアドライバーの低域であると信じていたでしょう。低音が厚くて噴出するような音が好きな人にとっては残念ですが、Auroraにはそれがありません。オーロラが提供するのは、滑らかで、くっきりとしていて、インパクトのある、行儀の良い低音です。

中低域は重低域よりも少し強いことに注意してください。イヤーチップの選択によっては、中低域が強くなり過ぎて、重低域が完全に溺れる可能性があります。私の現在のフォームチップでは、中低域がまだ少し支配的ですが、重低域は低音域の感覚(ランブルの雰囲気)を楽しむのに十分なほど十分に聞こえます。

私が望んでいたのは、Shure KSE1500のような低音の減衰感ですが、それから私は一歩下がって、ER4SRやVEデュークでさえその感覚を持っていないことに気付きました(たぶんさらに悪いですね)。おそらく7HzTimelessとTForceYuan Liは、これらの減衰する低域よりはわずかに優れています。

さて、Auroraが持っているものに焦点を当てましょう。繰り返しになりますが、高速で、適切なテクスチャがあり、詳細で、漏れ出すブリード感がありません。私はこれらを大きなプラスと見ています-

私の好む拡散音場ニュートラルサウンドから考えると、低域を比較するとさらにフラットです。低音にこれ以上のウェイトが追加される場合、私はそれを嫌う可能性が高いことを保証します。Audoraの低域の密度と力感はほぼ適切で、バランスの取れたニュートラルです。

ディテールと透明感

Auroraは、KBEARの想定したとおりの期待に応えました。正確にトップ製品レベルのディテールレベルではありませんが、Auroraは、Sinne Eegの「We’ve Just Begun」で聴くことが可能なすべての要素を提示することができています。このJAZZの傑作には、至る所に大量の詳細が含まれています。シンバル、トロンボーン、微妙なチェロの響き、豊かなサックス、タップ、その他すべてのうずくようなスプラッシュ・マイクロディテール!すべてが聞こえ、存在します。特性上クリーンでクリアなAuroraは、これらすべてを印象的な敏捷性で再現します。

ソースの透明度と同様に、Auroraの音源に対する自然な態度は、ニュートラルでバランスの取れた音色に関する限り、音楽が無着色で提示されることを意味します。おそらく拡散音場ニュートラルの観点からは、低音域はニュートラルフラットよりも密度が高いと見なすことができますが、これらは私のように拡散音場教信者に熱心な場合にのみ適用されます。驚いたことに、優れた透明性を示しているにもかかわらず、Auroraは実際には録音/マスタリングが不十分なトラックに対して非常に寛容です。私は、私が店に持っているいくつかのLo-Fi曲を聴いても、Auroraは聞くに堪えないものにすることはありません(私はそれらの多くを持っています)。これはまた、AuroraをYouTubeのランダムな曲の再生に気軽に使用でき、安っぽい録音であっても、あまり多くのことを心配する必要がないことを意味します。

感度に関しては、他の高感度IEMと同様に、AuroraはOvidiusB1やVEOdysseyHDなどの強力なドングルと組み合わせると可聴バックグラウンドノイズを示しました。これらは、曲やノートの間の静かなパッセージで最も顕著になります。しかし、音楽を再生するとノイズがすべて消えてしまったので、あまり気になりませんでした。 TempoTec Sonata E44、Avani、Abigailを使用すると、クリーンで静かな背景が観察されます。したがって、背景ノイズが聞こえるか聞こえないかはソースの設計に大きく依存しています。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

スピードとトランジェント

私のお気に入りの部分です。すでに先ほどから何度かヒントを出しています。Auroraは機敏なサウンドのユニットです。Auroraが提供するスピードは、適切にチューニングされたバランスド・アーマチュアに期待されるものと同等です。複雑なパッセージで複数の音を扱うときや、BPM200を超えるようなスピード感のあるトラックでも、もたつきや圧縮感を感じたことはありません。

このスピード感は、Aurora DDのチタン要素が大きく貢献していると思います。膨大な数の音を巧みに操ることができるので、Auroraが混雑することはありません。楽器は他の楽器に影響されることなく、それぞれの空間に留まっています。この点については非常に満足しています。素晴らしいサウンドのユニットが、複雑なものを処理できないことほど、大きな幻滅はありません。

サウンドステージとイメージング

確かに、オーロラはこの面ではやや平均的です。特に、それほど強力ではないソースで駆動する場合には。例えば、私のSony Xperia Z5 Compact(3.5mm直付け)では、高さはあるものの狭く、陥没したようなステージングが感じられます。良い点は、たとえばAbigail CX31883 Dongleを使用すれば、ステージングが広がるように、ソースを適切にマッチングさせることで適度な広さが得られることです(Avani ALC5686やVE Odyssey HDはそれほど広くありません)。TempoTec Sonata E44 DongleとVE RAP5アンプの組み合わせでAuroraを駆動したときには、音の要素の間に空気のような空間が入り込み、ステージングは余裕のある広さと深さを提供しました。

イメージングについては、Auroraは一貫して非常にホログラフィックで正確です。空間的なイメージングとレイヤーは鮮明でシャープです。異なる音の層とそれらの位置を区別するのは簡単です。私はこの系統のIEMにこれ以上のものを期待しません。

適応性とスケーラビリティ

Auroraはすでに非常に高能率のIEMです。先に述べたように、3.5mm出力が弱いことで有名な私の古いソニーXperia Z5 Compactでも素晴らしいサウンドでした。しかし、より強力な駆動力を持つソースにスケールアップすると、Auroraは特に音場の広がりやイメージングにおいて、見事にスケールアップします。Ovidius B1やTempoTec Sonata E44のようなパワフルなポータブルドングルで駆動すると、Auroraは実に健全で満足のいくフィデリティレベルで動作します。ダイナミクスは、しっかりとした表現力と滑らかな高音と低音で、より密度の高いサウンドを聴かせてくれます。さらに、VE Run About Plus 5のような専用アンプの強力なパワーで叩き潰すと、すべての音がよりオープンになり、音と音の間に健康的な空気感が感じられるようになります。

ケーブルについては、SPCの純正品に満足しています。オーロラの箱出しのために、KBEARがケーブルの選択に慎重な調整を行っていることが、私の耳には明らかになりました。いずれはよりよいケーブルを探すことになるかもしれませんが、このままでも良い音が出ているので、今はその気になれないというのが正直なところです。ブルーのケーブルの美しさも忘れてはいけません。もちろん、適切なイヤーチップを探すチューニングの重要性も忘れてはなりません。適切なイヤーチップを使えば、音は本当に個人の好みに沿った音の贅沢さを高めることができます。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

エピローグ

昨今のIEM市場における激しい競争の中で、メーカーは常により良い製品を作るために限界に挑戦し続けています。それは、KBEARのフラッグシップIEMであるAuroraも同様です。

私が個人的にユーザーとして経験したことは、Auroraの焦点は、技術的に有能で、クリーンでディテールに富み、ニュートラルで機敏なサウンドを楽しむことができるIEMへのニーズを満たすことだと確信しました。Auroraの最大の強みは、成熟したソリッドなサウンドと巧みにコントロールされたダイナミクスを提供するようにチューニングされていることで、自然とみなされる以上のオーバークッキングはありません。つまり、Auroraは、長時間のリスニングセッションで楽しめる、適度に明るいニュートラルなデバイスを求める人にとって、非常に魅力的な製品であると断言できます。

厚みのある暖かい低音を好む人には、それほど納得してもらえないかもしれませんし、純粋な高音派を満足させることもできないでしょう。しかし、オールラウンダーとしてのAuroraは、必ずや運命づけられた北極星のように輝くことでしょう。

KBEAR Aurora
KBEAR Aurora

KBEAR Aurora

¥18,646(税込)

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました