完全ワイヤレスイヤホン

3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 レビュー】ANC性能は優秀。機能性も高く、使い勝手に優れる。低域強めのドンシャリサウンドが好きならおすすめ。コスパが高い

QCY HT03は低価格でありながら、比較的優れたビルドクオリティと高機能なアプリ、効果的なアクティブノイズキャンセリングを備えています。機能的な面では非常にコストパフォーマンスが高いと言えますが、音質は価格帯でとびぬけて優れているとは言い難いところがあります。
10000円~20000円

Marshall Minor III

Minor IIIでは、Marshallのシグネチャー・サウンドを、煩わしさなく体験できます。25時間のワイヤレス再生が可能で、サウンドに妥協することなく、どこでも自由に聴くことができます。あなたがすべきことは、音楽を手にして出かけることだけです。
20000円~30000円

Jabra Elite 7 Pro

最先端の完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 7 Proは、革新的な新技術、 Jabra マルチセンサーボイス™ を搭載し、周囲のノイズを除去し、通話品質を劇的に変化させます。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Sudio T2 レビュー】カジュアルで生活に溶け込むようなデザイン。クリアでパリッとしたクリスプサウンドでスピード感のある音。ANC性能は強力とは言い難い

Sudio T2はバランスの取れたU字型サウンドと調和的で質感に優れたデザイン、まずまず効果的に機能するアクティブノイズキャンセリングを提供する、比較的コストパフォーマンスの良い機種です。EDMやロックを楽しむ人におすすめします。
20000円~30000円

JBL TOUR PRO+ TWS

日常生活のあらゆるシーンで快適なリスニング環境と通話品質を目指すJBLフラッグシップモデルが「JBL TOUR PRO+ TWS」です。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edfier NeoBuds Pro レビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い

Edifier NeoBuds Proは総合的に見て、価格帯で優れた完全ワイヤレスイヤホンであることは間違いありません。上位にいることは確実でしょう。ANC性能も優秀なレベルでサウンドバランスがよく、機能的なアプリも付属しています。
10000円~20000円

【海外レビューまとめ】Edifier NeoBuds Pro

Edifier NeoBuds Proの音質はメディアレビュアーを十分に満足させており、ANCやヒアスルー、通話品質も高いレベルで実現しているようです。ただ、機能性で価格帯最高ではなく、ライバルとなるAnker Liberty Air 2 Proの存在を忘れることはできないようです。
3000円~5000円

Anker Soundcore Life P2 Mini

驚きの軽さ・コンパクトなサイズ感:イヤホンの重さは約4.4g。どんなに長時間装着していても疲れることはありません。ケースもコンパクトなサイズで小さなポケットやカバンの中にもすっきりと収まります。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro 2 レビュー】良質なニュートラルサウンドと強力なANC、高い機能性を最高のコスパで実現する完全ワイヤレスイヤホン。欠点ほぼなし。

EarFun Air Pro 2は目下のところ、完全ワイヤレスイヤホン分野での私の推奨リストで最上位を占めます。それは明るく詳細で高解像でありながら、つながりが良く滑らかで聞き心地の安定したスタジオチューニングニュートラルサウンドを提供します。
30000円~50000円

SONY WF-1000XM4

真なるワイヤレスノイズキャンセリング性能と優れた音質を実現するために、次のステップに進む時が来ました。新しい統合プロセッサV1は、比類のない性能を発揮しながら、さらに少ない電力で動作します。さらに、通話品質が飛躍的に向上し、IPX4の防水性能、ワイヤレス充電で最大24時間のバッテリー駆動が可能になりました。
5000円~10000円

【海外レビューまとめ】EarFun Air Pro 2

EarFunの最新完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro 2」は銘機と呼ばれた前世代モデルと同じく、高い評価を得ています。この記事では海外の著名レビュアーによる記事を集め、まとめて紹介します。
5000円~10000円

Tronsmart Onyx Apex

クアルコムのQCC3040チップを搭載したApexは、前世代と比較して、最大50%の音質向上と40%のバッテリー消費量削減を実現しました。Onyx Apexは驚くべきコストパフォーマンスでアクティブ・ノイズ・キャンセレーションと卓越したサウンドを提供します。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Baseus SiMU S1 Pro レビュー】価格に比して高いビルドクオリティを持つ。音質も悪くないが、通信品質に劣り、相性もあるところが気になる。

Baseus SiMU S1 ProはANC性能やビルドクオリティなどを考えると、総合的にはこの価格帯で手に入るイヤホンの中では良質な部類に入ります。普段音楽を聴くのにスマホを使っており、ドンシャリサウンドが好きで、EDMやロックをとくに好んで聴いている人には、価格帯で悪くない選択肢だと思います。
3000円~5000円

【海外レビューまとめ】FIIL T1 Lite

FIILの代表的なラインナップである「T1」シリーズは全世界ですでに100万台以上売れている同社の大ヒット商品群ですが、そのエントリーモデルが「FIIL T1 Lite」です。
5000円~10000円

Anker Soundcore Life P3

Fueled By The Beat: Life P3ノイズキャンセリングイヤホンの迫力あるサウンドは、カスタム11mmコンポジットドライバーによって生み出されます。アプリでBassUpモードを有効にすると、リアルタイムで低音がさらに強調されます。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune X5 レビュー】非常に優れたバランス感覚を維持しつつ、巧みに空間性が強調されたドンシャリサウンド。音楽に重厚感とダイナミズムを求める人に

UGREEN Hitune X5は私にとってこの価格で手に入るというのが信じられない機種です。ドンシャリ特有のダイナミズムの強調がありつつ、全体をニュートラルから逸脱しない範囲にうまく収めようという巧みなバランス感覚が感じられるサウンドで、明らかに熟練したサウンドエンジニアの存在が感じられます。
3000円~5000円

Tronsmart Battle

Tronsmart Battleは、低遅延ゲームレベルチップ「ATS3019」とBluetooth5.0の伝送技術を採用し、45MSの低遅延を実現しただけでなく、通話感度や接続安定性も向上しています。地下鉄での通勤でも、騒がしい部屋でも、クリアな通話が可能です。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-5 (T-5) ANC レビュー】それは完成されたSoundPEATS T2ですか?いいえ、別のなにかでした。

JPRiDE TWS-5 ANCは機能面では改善されたSoundPEATS T2です。ANCの効きは少し悪くなったようですが、ANC時のノイズは風切り音くらいに減り、使い勝手が改善されています。音質はSoundPEATS T2に劣るので、これをあえて選ぶ必要はないでしょう。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Sonic Pro レビュー】透明度の高い中域重視のスタジオチューニング。甘やかな美しいボーカルと透明感の高い楽器音が味わえる。邦楽、J-POP向き

SoundPEATS Sonic Proは母音重視の日本語音域にフォーカスされるサウンドを持つ、邦楽やJ-POPを楽しむ日本人向きのサウンドを持っています。それは中域はほとんどニュートラルで甘く明るいボーカル中心に楽しめるようになっており、中高域の印象度が高い華やかなサウンドです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 レビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335のサウンドは拡張性に欠ける低域重視のドンシャリサウンドで、太く濃厚感があるのは悪くないポイントです。しかし、ダイナミズムに乏しく、躍動感に欠けるので、これで聴く音楽には活力が足りず、面白みに欠けます。
タイトルとURLをコピーしました