対応アプリ

30000円~50000円

【ワイヤレスヘッドホン Edifier STAX Spirit S3 レビュー】高い原音忠実性、優れたスケール感と実在感、一貫した位相、低歪。超長時間再生&超急速充電、コンパクトな携行性。優れたサウンドと優れた使い勝手の融合

Edifier STAX Spirit S3は約5万円というミドルハイ程度の価格設定がされている機種ですが、音質的には半ばウルトラハイエンド並のサウンドを実現しています。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン 1more EVO レビュー】独特の中域充実系サウンドは好みを分ける。ビルドやANCは十分に価格に見合う機能的なイヤホン

1more EVOはかなり癖の強いサウンドを持っており、その点はやや人を選ぶかもしれません。
10000円~20000円

【骨伝導イヤホン Shokz OpenRun Pro レビュー】進化した深度の低域を実現する骨伝導音。よりマイルドで自然な音を実現するニューフラッグシップ

Shokz OpenRun Proは現状のヘッドバンドタイプの骨伝導ではおそらく最も優れた低域深度を持ち、骨伝導の欠点であった滑らかさに欠けるサウンド表現を克服した革新的な機種です。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier Hecate GX07 レビュー】LHDCに対応し、Edifierらしいバランスの良いサウンドの機種。ANCとアプリのカスタマイズ性は平凡だが、独自デザインが光る

Edifier Hecate GX07は高音質コーデックLHDCに対応し、アクティブノイズキャンセリングも搭載したEdifierの野心的なフラッグシップゲーミング完全ワイヤレスイヤホンです。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro SV レビュー】アプリ対応を除けば、性能的にも音質的にもAir Pro 2のほうが上手。高域に敏感だったり、響きの豊かなサウンドが好きならこっちのほうがよいかもしれない

EarFun Air Pro SVはEarFun Airシリーズの伝統を継承したニュートラルサウンドを持っています。アプリに初めて対応しましたが、アプリ自体の完成度は高くありません。
5000円~10000円

【ワイヤレスヘッドホン Edifier W820NB レビュー】実用的なANC、安定している通信品質、バランスの良い聞き心地の良いサウンド。外出時に使いやすい高コスパ機種

Edifier W820NBはバランスの良いサウンドと実用的なアクティブノイズキャンセリング、良好な通信品質を兼ね備えた、比較的よく出来たワイヤレスヘッドホンです。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Sudio E2 レビュー】没入感の高い空間オーディオモードが最大の魅力。ANC性能もなかなか良好で機能は充実している

Sudio E2の最大の魅力は独自の空間オーディオモードにあります。それにより高い没入感のサウンドを得られる可能性があります。
20000円~30000円

【ワイヤレスヘッドホン Shure AONIC 40 レビュー】カスタマイズ性が高く、通信品質も安定しており、ガジェットとしては面白い

SHURE AONIC 40はカスタマイズ性が高く、ガジェットとしては面白いかもしれません。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17S レビュー】非常に優れたサウンドバランスと高度なカスタマイズ性を備えた、名機T17の上位モデル

QCY T17Sは高度なカスタマイズ性を備えた専用アプリと優れたサウンドバランスを持っている、完全ワイヤレスイヤホンの革新的機種です。
50000円~100000円

【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless レビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる

beyerdynamic Amiron Wirelessは外観デザインが美しく、高級感があるヘッドホンです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY G1 レビュー】中域重視のゲーミングモデル。音場が狭い。デザインはおしゃれ。通信品質だけ少し気になる

QCY G1は中域重視のサウンドを持っています。音場が狭いのが難点ですが、コンパクトなサウンドで音楽やゲームを楽しみたい人には悪くないでしょう。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Redmi Buds 3 Pro レビュー】サウンドバランスがよく、優秀なマルチポイントと比較的強力なANCが魅力。しかし、ドライバーの品質が良くないのか、解像度が少しもの足りず、歪みやすい

Xiaomi Redmi Buds 3 Proは良質なスタジオチューニングサウンドを持ち、中域をしっかり聞かせるバランスの良い機種です。ニュートラルサウンドを好み、自然な質感を愛するオーディオマニア向きの音ですが、総合的な解像度は価格の水準に届いていません。
30000円~50000円

【完全ワイヤレスイヤホン RHA TrueControl ANC レビュー】ニュートラルに近い良好なサウンドバランスで明瞭な音を聞かせる。カスタムIEMのような良好な装着感、多機能なアプリ。わりとよくできた良機種

RHA TrueControl ANCは音質面ではオーディオマニア向きのニュートラル系のサウンドバランスとなっており、オーディオスペック的にも価格の標準レベルを満たしているため、かなりおすすめできる機種です。アプリの機能も多岐にわたりますが、できることはそれほど多くはありません。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T11S レビュー】繊細さと鮮明感を強調したマイクロモニターサウンド。金細工のような華奢で細やかな音が好きならおすすめ

QCY T11Sは深みのある低域と繊細な高域を共存させる、いかにもハイブリッドドライバーモデルといった感じの音を奏でます。繊細な雰囲気が強調されやすいので、マイクロモニターサウンドが好きならおすすめできます。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T13 レビュー】少しゆったりした音場で雄大に音楽を聞かせるメロウサウンド。カスタマイズ性も高く、長時間再生可能。優れた入門機種だが、通信品質だけ少し不安

QCY T13はバランスのよい低域寄りのサウンドを持っています。非常にうまくバランスを維持しながら音場が広く聞こえるように丁寧に強調されており、ディテールをうまく維持し、聞き心地の良い優れたリスニングサウンドを聞かせます。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 レビュー】ANC性能は優秀。機能性も高く、使い勝手に優れる。低域強めのドンシャリサウンドが好きならおすすめ。コスパが高い

QCY HT03は低価格でありながら、比較的優れたビルドクオリティと高機能なアプリ、効果的なアクティブノイズキャンセリングを備えています。機能的な面では非常にコストパフォーマンスが高いと言えますが、音質は価格帯でとびぬけて優れているとは言い難いところがあります。
20000円~30000円

Jabra Elite 7 Pro

最先端の完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 7 Proは、革新的な新技術、 Jabra マルチセンサーボイス™ を搭載し、周囲のノイズを除去し、通話品質を劇的に変化させます。
20000円~30000円

JBL TOUR PRO+ TWS

日常生活のあらゆるシーンで快適なリスニング環境と通話品質を目指すJBLフラッグシップモデルが「JBL TOUR PRO+ TWS」です。
10000円~20000円

【海外レビューまとめ】Edifier NeoBuds Pro

Edifier NeoBuds Proの音質はメディアレビュアーを十分に満足させており、ANCやヒアスルー、通話品質も高いレベルで実現しているようです。ただ、機能性で価格帯最高ではなく、ライバルとなるAnker Liberty Air 2 Proの存在を忘れることはできないようです。
3000円~5000円

Anker Soundcore Life P2 Mini

驚きの軽さ・コンパクトなサイズ感:イヤホンの重さは約4.4g。どんなに長時間装着していても疲れることはありません。ケースもコンパクトなサイズで小さなポケットやカバンの中にもすっきりと収まります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました