【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン

【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン 5000円~10000円
FloAudio CALLA

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにFloAudioから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

FloAudio CALLAの概要

こんな人におすすめ

  • 耳当たりの良い音が好き
  • 重厚感重視
  • シックで暗い、落ち着いた音が好き
  • コスパ重視

基本スペック

  • 再生周波数:20-22000Hz
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:106dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-soundスコア
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:10.0/10.0
  • 歪みの少なさ:9.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0

長所と短所

長所

  • 上品でシック
  • 奥行き感のある音場
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 重厚で深みのある低域
  • 耳当たりがやさしく、聴き心地が良い
  • 価格以上の解像度
  • 低歪
  • 前方定位的

短所

  • 不足している高域拡張性
  • やや色づきが悪い
  • 音が少し丸すぎ、構築感に欠ける
  • 中域の透明度が少し物足りず、滲んで平面的に聞こえがち
  • 場合によって少し不足する鮮明感

FloAudio CALLAの特徴

  • カスタマイズされた1DD
  • ファインチューニング
  • 3Dエルゴノミックデザイン

リファレンスグレードのニュートラルチューニング

CALLAはメタルコンポジット振動板とFloaudio独自のチューニングテクノロジーを採用。リファレンスグレードの低域・高域特性を実現しています。再生周波数帯域:20-22kHz。

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

カスタムDDによる極上のサウンド

カスタムデザインの10mmフルレンジ・ダイナミックドライバーを採用した画期的なインイヤーモニターです。 

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

3Dプリンティング技術による人間工学に基づいたシェルデザイン 

3Dプリンターで作られた新しいシェルにより、「Calla」に快適なフィット感を実現しています。また、ノズルの角度もより快適な位置に調整し、これまでにない快適な装着感と密閉性を実現しました。 

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

3Dプリントによるシェル構造で、人間工学に基づいたインイヤーモニターの研究を実現した「Calla」。それにより「Calla」の性能は、5倍の価格のIEMに匹敵する性能特性を発揮するようになりました。 

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

パッケージ内容

  • デュオ・ユニーバーサル・インイヤーモニター「CALLA」
  • FloAudioプレミアムケーブル(2pin)
  • シリコンイヤーチップ(S / M / L)
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

Floaudio CALLA

Floaudio CALLA

 

パッケージ(8.0)

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

パッケージは価格の標準を満たしています。紙製のパッケージで処分しやすいですね。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • 説明書
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

ビルドクオリティ(8.0)

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。プラスチッキーなのは価格なりなところです。

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

装着感(8.5)

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

装着感は良好です。

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA

Floaudio CALLA

Floaudio CALLA

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

JH Audio JH16v2 Pro Universal Frequency Response (RAW)
FloAudio CALLA Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

LetShuoer D13(Silverノズル)のオーディオステータス(ほかのノズルは有料記事に掲載されています)
FloAudio CALLAのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

FloAudio CALLAはアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

FloAudio CALLA低域を強調したV字型のサウンドバランスになっています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus レビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点

1万円の価格帯で非常に優れた解像度と音場表現を両立させているイヤホンがTinHiFi P1 Plusです。そのサウンドは質感表現で少し劣り、ブリキのように聞こえるところがあるのが難点ですが、繊細で明瞭 Read more

【HiFiGOレビュー】据え置き型真空管DACアンプ xDuoo TA-30 クイックレビュー:リッチで豊穣なチューブサウンド!!

今年の初めに、xDuooは据え置き真空管DAC/アンプの最高品質製品、xDuoo TA-30をリリースしました。xDuoo TA-30は、真空管ラインナップ「TA」シリーズの主力モデルです。簡単なレビ Read more

低域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:A-
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:A-

低域

FloAudio CALLAの低域はかなり深くまでほとんど直線的に拡張されており、歪みも少なく、見通し感に優れています。

重低域のランブルもかなりしっかりと描写することができるため、それはベースヘッド(低域好き)を相当程度満足させることができます。

ドラムキックは十分なインパクトがあり、エレキベースの黒さも音楽全体のコントラストの起点になることができるほど引き締まっており、それでいて中域を暗くさせすぎるほどには強すぎません。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域は少し奥で聞こえる位置関係になっており、やや前方定位的に定位します。

少し解像度が抑えられており、透明度ではやや物足りませんが、温かみがあり、聞き心地が良く、ぎらつきがほどよく抑えられた上品な聞こえ方をします。

音源との間に少し空間の感じられる雰囲気をうまく出しており、鑑賞しやすい距離感で快適なリスニングができます。ボーカルは子音の尖りやサ行の刺さりとはほぼ無縁で、少し空間に溶け込むように輪郭がやや滲んで聞こえますが、そのはっきりさせすぎない表現が心地よいバランスでなかなかに秀逸です。

それでいてTonality(調性)が狂って聞こえない範囲にとどめるように質感と立体感を丁寧に再現しながら、明度をうまくセーブしています。

この中域は個人的にはかなり感心させられました。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D
  • 存在感:C+

高域

FloAudio CALLAの高域もかなり上質でうまく調整されています。

低域がやや強めなのと、中域のやや不足しがちな明度を補うほぼ最適な位置近くに輝度が調整されています。そのため、全体的にやや暗く、中域の透明度も抑えめであるにも関わらず、相対的に優秀なディテール再現能力があります。とはいえ、好みと聴く曲にもよりますが、繊細さに不足感は少しあるかもしれません。

ボーカルのボディはややふっくらしており、嫋やかで輪郭も少しぼんやりして耳当たりが良いのに、ボーカルの子音や息遣いははっきりと聞こえ、ニュアンスの表現がわりと細やかです。

ハイハットの粒やバイオリンの穂先もややぎらつき感が弱めで透明に近いものの、比較的はっきりと際立つので、ダイナミズムも悪くありません。

ただし、高域の拡張性は少し物足りませんね。

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:B+
  • オーケストラのテクスチャ:A
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

奥行き感の感じられるホールのような雰囲気でクラシックを楽しみたいのなら、FloAudio CALLAはかなりおすすめできます。それは録音音源にそれほど忠実ではなく、少し距離感や立体感を脚色するため、とくに中域の質感再現を重視し、録音音源の原音そのものに近づいていきたいというガチガチ系のオーディオマニアは少し物足りないと思う可能性がありますが、もう少し傍観者的な距離感で音源を鑑賞したいと思う人にはとても魅力的なサウンドです。スケール感は少し不足していますが、重厚感は十分です。

篳篥の音がやや滲みますが、それが幽玄と感じられるような奥行き感がある音場で聞かせます。和音も十分鮮明でありながら、わずかに色づきが抑えられて上品に聞こえ、肌になじむような心地よい音で楽しめます。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:A+
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B
    • 低域:C+

音場

低域の深さは十分で、中域で奥行き感が強調され、高域は高さが少し物足りません。

クリア感はハイエンド並みです。音量上昇による変化も少なく、その点でもハイエンド機種のようですね。

イメージング性能は価格の水準以上です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:S-
  • 個人的な好み:S+

音質総評

FloAudio CALLAはこの価格帯でかなりよくできたリスニングイヤホンです。それはハイエンドでも稀なほど低歪で、中域の質感も正確です。しかし、同じ価格帯のTripowin LeaMoondrop CHU7Hz Salnotes ZEROTripowin Meleといったライバルたちとは異なり、より快適なリスニングに焦点が当てられており、それらと異なって中域の再現度を重視していません。

むしろCALLAは音楽を快適に聞くムードをうまく作り出すイヤホンです。それでいてCALLAはリスニングモデルにありがちな低解像サウンドやウォーム感を強調しすぎるモデルでは決してなく、全体では価格の水準以上の解像度を維持し、総合的にはハイエンドに遜色ない水準を実現しています。

低価格でハイエンド並みのオーディオスペックを持ちながら、上品でメロウなサウンドを聞かせるリスニングモデルを探している場合、CALLAは間違いなく、その候補としてふさわしいでしょう。

その水墨画のようなサウンドは中国文化と日本文化の基層にある「幽玄」を体現したかのような美しい音楽を聞かせてくれます。

音質的な特徴

美点

  • 上品でシック
  • 奥行き感のある音場
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 重厚で深みのある低域
  • 耳当たりがやさしく、聴き心地が良い
  • 価格以上の解像度
  • 低歪
  • 前方定位的

欠点

  • 不足している高域拡張性
  • やや色づきが悪い
  • 音が少し丸すぎ、構築感に欠ける
  • 中域の透明度が少し物足りず、滲んで平面的に聞こえがち
  • 場合によって少し不足する鮮明感
FloAudio CALLA

重厚で深みのある低域
上品でシック
優れた質感と良好な原音忠実性

Floaudio CALLA

Floaudio CALLA

FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
FloAudio CALLA
魔女の旅々 Coreful イレイナ 桜和装

魔女の旅々 Coreful イレイナ 桜和装

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FloAudio CALLA

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FloAudio CALLA

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. FloAudio CALLA

海外レビューの紹介

FloAudio CALLA

FloAudio Calla

海外レビューまとめ

FloAudio Calla に関するレビュー記事のまとめです。

総評

FloAudioはCALLAのサウンドを高価格帯のイヤホンと同程度のパフォーマンスを持っていると自負していましたが、実際のところ、その主張はほとんどその通りです。それは非常に低歪良質なリスニングサウンドを備えており、数万円の値札が付いた大抵の機種より優れています。

もちろんそのことは、同価格帯で競合がいないことを意味しません。Tripowin Leaをはじめ、Moondrop CHUTripowin Mele7Hz Salnotes ZEROなど優れたイヤホンはCALLAと同じ価格帯に数多くあり、少なくともサウンドバランスと透明度の点ではCALLAは必ずしも優位ではありません。それでも競合とは異なる深みのある低域と奥行き感がある音場を持ち、聴き心地が良く、品格の感じられるサウンドはCALLAを特別なものにしています。

Floaudio CALLA

Floaudio CALLA
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

FloAudio CALLA

9.3

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.5/10

高域

8.5/10

中域

9.5/10

低域

10.0/10

歪みの少なさ

9.5/10

コストパフォーマンスボーナス

12.5/10

長所

  • 上品でシック
  • 奥行き感のある音場
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 重厚で深みのある低域
  • 耳当たりがやさしく、聴き心地が良い
  • 価格以上の解像度
  • 低歪
  • 前方定位的

短所

  • 不足している高域拡張性
  • やや色づきが悪い
  • 音が少し丸すぎ、構築感に欠ける
  • 中域の透明度が少し物足りず、滲んで平面的に聞こえがち
  • 場合によって少し不足する鮮明感

コメント



タイトルとURLをコピーしました