【中華イヤホン QKZ × HBB レビュー】メロウな低域寄りの中域充実系サウンド

【中華イヤホン QKZ × HBB レビュー】メロウな低域寄りの中域充実系サウンド1000円~3000円
QKZ x HBB

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

QKZ × HBBの概要

こんな人におすすめ

  • 丸くまろやかなサウンドが好き
  • 音像一貫性重視
  • ウォームなサウンドが好き
  • 重厚感重視
  • 高域に敏感
  • コスパ重視

基本スペック

  • 再生周波数:20-20000Hz
  • インピーダンス:22Ω±10%
  • 感度:115±3dB
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:1000円~3000円

audio-soundスコア
QKZ x HBB
QKZ x HBB

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:11.0/10.0

長所と短所

長所

  • 音像一貫性に優れる
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 良好な高域拡張性
  • メロウ
  • 上品でシック
  • 聴き心地が良い
  • 重厚
  • 温かみがある
  • 高域がセーフティ
  • 自然な倍音表現
  • スピーカー的な定位感

短所

  • 色づきが悪い
  • 分離感が悪い
  • 音が少し丸すぎ、構築感に欠ける
  • 鮮明感の不足

QKZ × HBBの特徴

  • QKZ AudioとHBBのコラボレーション
  • 最適化された磁気回路、ダブルパワー
  • CNCアルミ製フェイスプレート、樹脂製シェル
  • 取り外し可能な2Pin銀メッキケーブル

QKZとHBB協力して開発したイヤホン

QKZはHiFi業界で10年以上のイヤホン開発経験を持っており、優れたイヤホンチューニングテクノロジーとイヤホン開発経験により業界で高評価を得ています。QKZのニューメンバーには、業界に有名なレビュアーHBBと協力して開発したのです。HBBが多年のイヤホンレビュー経験と大量なIEMテスティングデータに基づき、QKZはHBBのチューニング基づく、バランスな三つ周波数のサウンドが再現できるイヤホンが開発されました。

QKZ x HBB
QKZ x HBB

10mmチタンメッキ振動板

多くの実験結果により、QKZの音響学エンジニアたちは普通の振動板を捨て、最終に特別な10mmチタンメッキ振動板が採用しました。このダイナミック振動板はしっかり三周波数のサウンドを再現することができます。

QKZ x HBB
QKZ x HBB

磁束を最適化にする、二倍以上のパワー

 高強度の磁束は、大幅に低音のパフォーマンスを向上させます。HBBのスペシャルチューニングを経て、このイヤホンは水晶のような明瞭なサウンドが再現可能となり、サウンドボリュームを大きく聞きたい人にとって、低音の量が足りないということになりません。楽器及びボーカル部分のサウンドがしっかり再現できています。このイヤホンは、様々なスタイルの音楽に適しており、例えば、R&B、DJ、ステージと電子音楽があります。

QKZ x HBB
QKZ x HBB

CNCアルミニウム合金フェースプレート、天然樹脂シェル

このイヤホンは、スペシャルマークがあり、HBBのロゴがデザインされています。このロゴは直接的イヤホンフェースプレートに刻印されており、透明な天然樹脂キャビティとフィットしています。CNCで作成するアルミニウム合金フェースプレートがイヤホンの耐久性を向上させるとともに、イヤホンから受ける圧力を低減させることにも成功しました。

QKZ x HBB
QKZ x HBB

リケーブル対応の0.78mm2pinケーブル

このイヤホンには、スタンダードリケーブル可能のケーブルが採用されており、最適化された0.78mm2pinコネクターによって耐久性が向上しています。標準の銀メッキケーブルは、オーディオ信号をロスレスに伝送することができます。リケーブル設計により、オーディオマニアは自分の好みに沿ってケーブルとイヤホンの組み合わせを自由に交換することができます。

QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB

QKZ x HBB:10mmチタンコート振動板ドライバー搭載中華イヤホン

QKZが人気レビュアーとコラボしたイヤホン「QKZ×HBB」を発売しました。

 

パッケージ(8.0)

QKZ x HBB
QKZ x HBB

QKZ x HBBのパッケージは価格の標準を満たしています。

処分もしやすくエコです。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • マニュアル類
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB

ビルドクオリティ(8.5)

QKZ x HBB
QKZ x HBB

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートが美しいです。

QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB

装着感(8.5)

QKZ x HBB
QKZ x HBB

装着感は良好です。

QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

AFUL Performer 5 Frequency Response (RAW)
QKZ x HBB Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

QKZ×HBBのオーディオステータス
QKZ×HBBのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

QKZ×HBBはアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

QKZ×HBBバランスの良いニュートラルに近く、中域が強調されたサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

QKZ x HBB
QKZ x HBB
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP NS9 開封&クイックレビュー:パワフルで骨太

BGVP NS9は、V字型のサウンドシグネチャーを持ち、非常にパワフルな低音域のレスポンスと疲労感のないウォームなトーンが特徴です。もしあなたが低音派で、スムーズなサウンドのペアを探しているのであれば Read more

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Kato:Moondropのベストシングルダイナミックイヤホン(By Super* Reviews)

Moondrop Katoは、傑出したディテールの再現性とパンチの効いたローエンドのレスポンスで、音楽から素晴らしいディテールを見事に引き出してくれます。私たちは、プロのレビュアーや世界中のお客様がM Read more

低域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:A-
低域

QKZ×HBBの低域はかなり深くまで到達しています。

十分に直線的で重みと深みがあり、わずかにランブルが足りないと思う可能性はありますが、不足はほとんどありません。

ドラムキックは十分に重厚感があり、インパクトが感じられますが、私にはわずかに引き締まりに欠け、膨張的に聞こえます。

エレキベースは十分な深みと広がりがあり、黒みも感じられます。

一般に低域マニアを十分に満足させることができるでしょうが、重低域マニアはもう少し深くまで鳴らしてほしいと思うかもしれません。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域はほとんど完全にニュートラルです。質感はかなり正確で完璧に近く、透明度も十分な水準ですが、わずかにウォームに傾いて聞こえるかもしれません。

一般に中高域から高域のエネルギーが少し不足しているため、中域は音が丸く聞こえやすく、エッジ感は少し不足気味です。そのためギターやスネアがキレに欠ける印象を与えますが、ピアノや管楽はまろやかに感じられ、メロディアスに思えるでしょう。少し暗い空間で中域にスポットライトが当たってフォーカスされ、全体の中では明るく聞こえます。

中域は十分にみずみずしく聞こえますが、鮮明感が不足気味になるため、分離感は少し弱くなりやすく、全体的に音が滑らかにやや輪郭が混淆しているような、調和的な雰囲気になります。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:B+
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:C
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C

高域

QKZ×HBBの高域はスピーカー的な前方定位感を意識してうまくロールオフするように調整されていますが、一般的な標準値よりエネルギーが足りません。そのため多くの人にとって、適正音量では輝度が不足し、ディテール感に少し難が生じます。

ハイハットの色づきは地味で、じんわりとしており、やや背景に近く透明な雰囲気で聞こえます。

拡張性は価格帯ではかなり優れており、十分以上の空気感で抜けが良く、息遣いやシンバルクラッシュなどは細やかで爽快感で優れていますが、煌めきに欠け、派手さがなく、地味に落ち着いて聞こえます。

高域に敏感な人には十分すぎるほどセーフティなので、刺さりや尖りが苦手な人にはかなりおすすめできます。大音量で聴く傾向のある人もこのくらいの高域の方がいいのかもしれません。私はどちらかというとセーフリスニング重視派で、適正音量以下で聴くタイプなので、この高域はちょっと物足りないですね。

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:C+
  • オーケストラのテクスチャ:A-
  • 雅楽のテクスチャ:B+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

重厚感や中域の質感の正確性と透明度、そして前方定位的な奥行き感のある音場構成などを考えると、フルオーケストラ鑑賞用のイヤホンとしてCKZ×HBBはこの価格帯で比較的優れた選択肢のように思います。倍音のつながりもかなり自然で滑らか、天井の余裕も意外とあり、スケール感もなかなかのものです。ただ、鮮明感に欠けるので、全体的に暗く、ダイナミズムが感じられづらいのが欠点ですね。総じて地味に聞こえます。輪郭感も弱く、全体的に分離が悪く感じるのをどう評価するかですね。

雅楽も全体的に華やかさに欠け、和音にきらめきがなく、ほんわかして聞こえます。和む感じがあると言えば肯定的にとらえれますが、ふにゃふにゃして芯がない印象で聞こえやすい音でもあります。締まりがなく、ダレて聞こえがちです。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:A-
  • クリア感:A-
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:C+

音場

低域の深さは標準をほぼ満たし、中域は比較的前面におり、高域の高さは標準以上です。

クリア感は価格の水準以上です。

イメージング性能は価格の水準以上です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:B+

音質総評

QKZ×HBBは全体的にまろやかなサウンドが好きなら悪くない選択肢です。高域は非常にセーフティですが、多くの人にはちょっと不足しがちに思いますね。聴き心地は良いのですが、華がなく、締まりが悪いのが気になります。

低域重視で聴きたい場合は魅力的な選択肢と言えますが、近い価格帯ではFloAudio Callaのほうが多くの人にとって、総じて優れた選択肢と言えそうです。Callaの高域はQKZ×HBBほど拡張されていないため、完全な上位互換とはなりませんが、低域の深み、全体的な原音忠実度などでおおむね優位に立っています。

音質的な特徴

美点

  • 音像一貫性に優れる
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 良好な高域拡張性
  • メロウ
  • 上品でシック
  • 聴き心地が良い
  • 重厚
  • 温かみがある
  • 高域がセーフティ
  • 自然な倍音表現
  • スピーカー的な定位感

欠点

  • 色づきが悪い
  • 分離感が悪い
  • 音が少し丸すぎ、構築感に欠ける
  • 鮮明感の不足
【中華イヤホン QKZ × HBB レビュー】メロウな低域寄りの中域充実系サウンド

音像一貫性に優れる
メロウでマイルドな聞き心地
良好な高域拡張性

QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB
QKZ x HBB

フリュー ソードアート・オンライン ALO アスナ ウンディーネ スペシャルフィギュア width=

フリュー ソードアート・オンライン ALO アスナ ウンディーネ スペシャルフィギュア

フリュー ソードアート・オンライン ALO アスナ ウンディーネ スペシャルフィギュア

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QKZ×HBB

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QKZ×HBB

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QKZ×HBB

総評

QKZ×HBB十分に深みのある低域良好な高域拡張性、そしてメロウな中域を備えた美音系のサウンドを持っているイヤホンです。価格帯では比較的おすすめできる選択肢だと言えますが、ディテール感や輪郭感の不足など欠点も多いところには留意が必要です。