【中華イヤホン RAPTGO LEAF レビュー】高い解像度で透明な中域を実現する価格帯最高クラスのスタジオモニターサウンド

【中華イヤホン RAPTGO LEAF レビュー】高い解像度で透明な中域を実現する価格帯最高クラスのスタジオモニターサウンド 10000円~20000円
RAPTGO LEAF

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

RAPTGO LEAFの概要

こんな人におすすめ

  • スタジオチューニングが好き
  • 質感重視
  • 明るくはっきりした音が好き
  • ボーカルフェチ
  • バランスの良いイヤホンが欲しい

基本スペック

  • 再生周波数:20-35000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:110dB
  • ピンタイプ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.0/10/0

長所と短所

長所

  • 原音忠実性が高い
  • かなり優れた質感
  • スピーカーに寄せた定位感
  • 良好な制動特性
  • サウンドバランスが良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好な解像度
  • 優れた付属品

短所

  • 高域の拡張性で物足りない
  • 場合によって刺激が少し強い高域

RAPTGO LEAFの特徴

  • 5軸CNCアビエーションアルミニウムキャビティ
  • セミオープンバックキャビティ、エルゴノミックシェイプ
  • 取り外し可能なOFCナイロンブレードケーブル
  • リーフのインスピレーション

新世代10mmLCPダイナミックドライバーを搭載

RAPTGO Leaf D01は、自社開発した10mm径のデュアルキャビティードライバーを搭載し、その性能を最大限に引き出すためにモデリングとシミュレーションを行いました。9マイクロメートル日本製LCP振動板、高張力2層OFCボイスコイル、N52マグネット回路がダイナミックドライバーのポテンシャルを最大限に引き出し、出力を向上させることに貢献しています。周波数特性は20Hz-35KHzを実現しています。

5軸CNC航空用アルミニウムキャビティ

細かく5軸CNC加工された航空グレードのアルミニウムボディを誇るRAPTGO Leaf D01イヤホンは、日々の厳しい生活を乗り切るための耐久性と軽量性を備えています。堅牢な金属製ケーシングはノイズを遮断し、音楽に集中することができます。さらに、シェルの表面には第2工程の酸化処理が施されており、耐久性と耐摩耗性に優れています。

セミオープン型バックキャビティ、エルゴノミックシェイプ

インイヤーモニターは、快適な装着感が重要です。そこでLEAFは、膨大な耳穴のデータをもとに設計されています。実用性と美しさの両方を考慮し、最終的に耳にしっかりとフィットし、かつ快適なマルチアングルシェイプを採用しました。また、背面にはセミオープン設計を採用し、耳への負担を軽減しています。

デタッチャブルOFCナイロン編組ケーブル

0.78mm径の2Pinケーブルは、高純度OFC線材を使用し、表皮をナイロン編組で仕上げています。高音質で安定した音質伝送を実現します。低音、中高音、高音のバランスが良く、よりダイナミックなサウンドが楽しめます。

リーフに込めた想い

Leaf D01は、その名の通り視覚的な形をしていますが、その奥には深いものがあります。葉といえば、春の青葉と秋の落葉を思い浮かべますが、それらはすべて私たちにとって不滅の創造性を表す黄金の歌なのです。四季の中で、葉は成長し、落葉します。その一生は、短いながらも意味のあるサイクルです。RAPTGOは、このモデルを通して、プロダクトの生命に対する哲学を皆様にお届けしたいと思います。

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

RAPTGO Leaf D01

RAPTGO Leaf D01

 

パッケージ(8.5)

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

パッケージは価格の標準を満たしています。外箱はシンプルで紙製なので、処分は楽です。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • キャリングケース
  • イヤーピース
  • 説明書
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

ビルドクオリティ(8.5)

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。フェイスプレートは半開放型です。

2pinコネクタ周辺がおそらく耐久性を高めるために少し構造が特殊になっているので、リケーブルを考えている場合は組み合わせるケーブルには注意が必要です。

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

装着感(8.5)

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

装着感は良好です。

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

RAPTGO Leaf D01

RAPTGO Leaf D01

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Shuoer D13 Frequency Response (RAW)
RAPTGO LEAF Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

LetShuoer D13(Silverノズル)のオーディオステータス(ほかのノズルは有料記事に掲載されています)
RAPTGO LEAFのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

RAPTGO LEAFはアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

RAPTGO LEAFは定評あるスタジオチューニングターゲットの一つであるSonarworks Targetに近いバランスで調整されており、多くの人にほぼニュートラルかつ原音忠実性の高いサウンドを提供します。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
【海外レビューまとめ】Edifier NeoBuds Pro

Edifier NeoBuds Proの音質はメディアレビュアーを十分に満足させており、ANCやヒアスルー、通話品質も高いレベルで実現しているようです。ただ、機能性で価格帯最高ではなく、ライバルとなる Read more

【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然

Tago Studio T3-01は自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、ボーカルを丁 Read more

低域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B+

低域

LEAFの低域はかなり深いところまで到達することができ、一般に重低域マニアをなかなかに満足させることができると思われます。

上位機種のHOOK-Xよりは私には引き締まって聞こえる低域で、ドラムキックに十分にインパクトがありながら、膨張して太くならない軽快さが感じられます。深さは十分でエレキベースは十分に黒く、広がりがあります。

ややモニター的に寄っているように思えるかもしれませんが、一般に良質な低域で、重低域好きを満足させられると思われます。

中域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

このブランドは中域のチューニングに十分に卓越した技量を持っているようです。

LEAFの中域は透明度が高く、十分にニュートラルかつ原音忠実的で、理想的なスタジオチューニングに近いバランスになっています。そのためボーカルは最前列に詳細に聞こえ、楽曲の心臓部も驚くほど立体感のある形で構築されます。

同じ価格帯にTripowin×HBB Olinaというさらに卓越したイヤホンがいますが、LEAFはそれに比べると調整がもう少し荒っぽく、シンバルの音などは落ち着いて定位させるOlinaに比べて、だいぶアグレッシブに聞こえます。Olinaのシンバルのふやけるような優しい感じに不満を覚えたなら、LEAFはもう少し強い刺激で聞かせてくれます。

人によっては上品で滑らかなOlinaより精細感を感じ、引き締まって感じられるでしょう。とくにロックをアタック感よく楽しみたい場合は。

逆に言えば、高域に敏感な人はセーフティーな音で聞かせるOlinaをより好むことが予想されます。

中域へのフォーカス感と質感の正確性を重視するなら、この領域において圧倒的な表現力を持つOlinaがやはりまだ優れています。しかし、LEAFも実力的には全く遜色がありません。

高域(9.0)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C+

高域

高域はスピーカーの定位感を実現するように滑らかにロールオフする調整がされています。個人的にはもっと前に出てきてくれるほうが好みですが、高域に敏感な人にはこれくらいがセーフティで安心できるでしょう。ライバルのOlinaに対し、LEAFの高域は解像度と繊細さに優れていますが、そのかわり若干荒っぽい音になります。一般に高域のアグレッシブさにこだわるなら、OlinaよりLEAFがあなたのパートナーとしてふさわしいでしょう。

上位機種のHOOK-Xに対しては、LEAFよりはHOOK-Xのほうがより滑らかで一貫性がある高域を提供できるため、そちらのほうが安全で少し優れていると思われます。

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:B+
  • オーケストラのテクスチャ:A+
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

LEAFはスピーカー的な前方定位感でフルオーケストラをかなり優秀に再現します。中域の質感再現度が高く、解像度も優れているため、スケール感だけわずかに不足を感じるものの、全体の水準は非常に高い仕上がりです。しかし、ライバルのOlinaのほうがより滑らかで音像一貫性の高い音を提供することができるため、価格帯で最高クラスですが、最高峰にいるわけではありません。それでも十分優れています。

雅楽も篳篥の音が滑らかに伸びて聞こえ、透明度も高く、少し繊細さが強調されます。和音は少しうるさい印象を受け、これは抜けの悪さが影響しているのかもしれません。Olinaや上位機種であるHOOK-Xのほうが一貫性のある音楽を提供できます。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:A
  • イメージング:A-
    • 高域:S-
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

低域の深さは標準以上で、中域は比較的前面に聞こえ、高域は高さが少し物足りません。

クリア感は価格を考えると優秀です。

イメージング性能は価格帯では抜群に近いです。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S-
  • 個人的な好み:S

音質総評

RAPTGO HOOK-Xのレビューで私はこのブランドにはかなり実力があるかもしれないということを述べましたが、LEAFを聴いた今、その印象はますます確実なものとなっています。

LEAFはサウンド面では上位機種であるHOOK-Xにほぼ匹敵するか、場合によってオーディオスペック面でわずかに上位であり、伝統的なシングルDD構成でRAPTGOがここまでの仕事を成し遂げていることを通じて、このブランドが新奇な音響技術やドライバー数だけでのし上がろうとするような薄っぺらいブランドではないことがわかります。

この価格帯の優れたスタジオチューニングモデルとして、LEAFは文句なく私の推奨リストの上位を占めます。

音質的な特徴

美点

  • 原音忠実性が高い
  • かなり優れた質感
  • スピーカーに寄せた定位感
  • 良好な制動特性
  • サウンドバランスが良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好な解像度

欠点

  • 高域の拡張性で物足りない
  • 場合によって刺激が少し強い高域
RAPTGO LEAF

原音忠実性が高い
かなり優れた質感
中域への適切なフォーカス

RAPTGO Leaf D01

RAPTGO Leaf D01

RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF
RAPTGO LEAF

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

Re:ゼロから始める異世界生活 Doll Crystal レムフィギュア ~わんこver.~

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RAPTGO LEAF

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RAPTGO LEAF

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RAPTGO LEAF

総評

RAPTGO LEAFは1万円台に登場した新たなシングルDDのスターの一人であり、この価格帯にひしめく強豪たちと十分競合できる価格帯最高クラスのイヤホンです。HOOK-Xに続き、RAPTGOは良質なスタジオチューニングの良イヤホンを生み出すことに成功し、私のこのブランドへの信頼と関心はLEAFが証明した完成度によってますます高まりました。

RAPTGO Leaf D01

RAPTGO Leaf D01
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

RAPTGO LEAF

9.4

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

9.0/10

中域

10.0/10

低域

9.5/10

歪みの少なさ

9.0/10

コストパフォーマンスボーナス

12.0/10

長所

  • 原音忠実性が高い
  • かなり優れた質感
  • スピーカーに寄せた定位感
  • 良好な制動特性
  • サウンドバランスが良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好な解像度

短所

  • 高域の拡張性で物足りない
  • 音量を上げるとかなり歪みやすい

コメント



タイトルとURLをコピーしました